2016年04月30日

明日から皆さんの10連休の2分の1

 今日は風が冷たくて、連休前で忙しくて話しすぎて喉が荒れて少し痛みもあります。良くなった患者さんも沢山います(例えば昨年12月から漢方薬を服用している子供の時からひどいアトピー性皮膚炎の女性は、湿疹もかゆみも軽くなって睡眠も改善されています。特に左腕に大きく黒く目立っていたイボも小さくなって色も薄くなって喜んでいます。また、15年前からずっと咳・痰が良くならない30代の女性は昨年7月から当薬局の漢方薬を服用して予想より効果が出るのが遅かったですが、咳が2〜3割良くなっただけではなく頭痛・イライラ・不安・胃痛・風邪を引きやすいなどの症状が改善されて喜んでいます)が、省略しましょう・・・。

 大変な患者さんのことがあります。60代の男性は2011年に大腸がん手術した後高額な免疫療法を受け、2013年に肝臓・肺に転移して抗がん剤治療を受けましたが副作用が強くて、その後東京の遺伝子治療や温熱療法、九州の放射線治療を受けましたが効果が無く、3月から一切治療を受けていません。奥さんの話によると、高額な治療費でしたが効果がなかったそうで、今日から当薬局の漢方薬を服用します。
 
 明日から私は5連休。皆さんの10連休の2分の1ですが満足しています!どこかに行くかどうかは風水をみて決めたいと思います(冗談です)。
posted by 懐仁堂 at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

明日はまず休憩

 今日は一日雨。丸一日仙台にいました。午後予約の患者さんが多かったですが、雨の影響でキャンセルした方も数名いらっしゃいました。
 新患の患者さんの一人は一番大変で、数年前から胃が時々痛くて今年の2月末に胃カメラの検査をしたら精密検査が必要と言われました。3月にペットCT検査をしたら胃ガン腹膜播種と大腸・小腸転移がありましたが、幸い胃と大腸・小腸の手術ができました。しかしこれから抗がん剤治療をする予定で、副作用と効果を心配して、漢方薬を併用することにしました。また、話によると生活習慣も正しくご両親にガンの方もいないそうです。一生懸命漢方薬を服用して心を強くして頑張ってほしいと思います。まだ30代なので、良くなることを祈っています。神様にも祈ります。

 明日から10連休の方もいらっしゃるかと思いますが、私と薬局のスタッフ達は明日一日休憩して30日はまた一日仕事をして、その後5月1日から5日まで5連休です。正月以来の5連休なのでゆっくり休みたいと思います。
posted by 懐仁堂 at 17:50| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

80代の肺癌の患者さんは喜んでいます

 昨日は一身上の都合でブログを書きませんでしたので、今日は沢山書きます!
 まず今朝一番に、成長している牡丹子達の様子を見ました。厳重な警備の結果、更に誘拐される子が居ないことを報告します(只今の様子は写真1の通り)。6番目の末っ子はどうしても恥ずかしいのか隠れています。

【写真1】
牡丹子.jpg

 大変な患者さんのことを心配しています。
 例えば、小学生のころから昆虫好きな60代男性は、平成11年から突発性難聴やめまい・腎臓の嚢腫・肝臓血管腫・尿蛋白・メニエール病などでずっと漢方薬を服用しています。検査結果も体調もとてもよかったのですが、今年1月から不整脈・動悸・咳が出て、心電図検査をしましたが正常でした。特に3月から発作頻度が多くなり、両手の指先は冷たくて感覚が無くなっています。奥さんの話によると、窓が無い換気扇だけの部屋で手袋もマスクもしないで、1日に何時間も夢中になって防虫剤を使って昆虫標本をつくっているので、このせいだと言います。本人は「絶対違う」と言い、家での議論を薬局に持って来て、「是非、侯先生に裁判して欲しい」と言われました・・・。煙草を吸わない人に他人の煙草の影響があるように、数十年間防虫剤をはじめ標本を作るためのさまざまな薬品に接触し、肺や脳神経にも影響が出るはずと思います。でも、本人の趣味は止められないので、5月はじめにまたどこかの島に行く予定です。

 もう一人は、平成22年8月当時75歳の男性は、高血圧・不整脈で多量の薬(7種類)を服用して数年前から腎不全になり、なかなか改善されないので漢方薬を服用開始しました。漢方薬を服用前のクレアチニン値2.05から回復し、現在は1.3〜1.4台までに安定しています。昨年11月に脳梗塞を起こして入院治療しました。入院中に12種類の薬を服用し、退院したら薬の副作用で全身に私が見たことがない湿疹・かゆみが出ました。
 脳梗塞の治療と改善に集中するため漢方薬は一時中断していましたが、今日は4ヶ月ぶりに奥さんと来局。写真の通り当時の薬の副作用の湿疹とかゆみが改善されないので、漢方薬を再開したいとのことでした。写真を見ると、本当にかゆくて辛いかなと思います。漢方薬で徐々によくなるよう期待しています。3〜4ヶ月後に良くなった写真を掲載する予定です。もちろん、本人に許可をもらいます。

 ところで、肺癌で手術が出来ず、抗がん剤治療も拒否して今年1月から漢方薬を服用している80代女性は、最初の1月に来局以来久しぶりに再来されました。その間はずっと娘さんが検査結果や症状の変化を伝えに来局され、漢方薬を調合しています。
 今日、本人は喜んでいました。とても元気に毎日漢方薬を服用していて、血液検査の赤血球低下・貧血・肝機能異常が改善され、腫瘍マーカー値も下がりました。本人とご家族は漢方薬だけで腫瘍マーカー値が下がったことに驚いています。笑いながら「検査結果を持ってくるのを忘れました。」とのこと。多分次回は娘さんが持って来てくれると思います。本人には、「癌のことは考えず、元気で辛い症状が無ければ良いです。」と伝えました。

 当薬局では、手術出来ず抗がん剤治療も効果がない、或いは抗がん剤治療を拒否して漢方治療を選択した癌の患者さんが、元気になるだけではなく癌も小さくなる例は少なくありません。
 大きい病気だけではなく、脂肪肝やコレステロールが高い、不安・不眠、めまい・動悸などで時々漢方薬を服用している70代女性は、5ヶ月ぶりに来局。7年前から漢方薬を服用しているので、とても親しくなりいつも冗談を言っています。ご主人とスタッフ2人も混ざって笑いながら立ち話をしました。いつも行っている病院の「パソコン医者」(この患者さんが命名しています。いつもパソコンに向かっていて、あまりしゃべらないそうです。)の話をして、「患者さん達の話をきちんと聞いていて、笑ったり冗談を言ったりしている」と、私を褒めてくれました。

 日曜日に80歳近い知人の医者2人と花見を兼ねて食事をしました。この二人の先生から患者さんが話したように、「患者さんとの会話が大事。何でも話してくれることが大事。」なことを教えられました。他にも色々とアドバイス頂き、とても勉強になりました。
 親しい患者さんから差し入れを頂いて嬉しいのに、写真2の通りスタッフの一人がいたずらをして「○○さまより」とキスマークが書いていました。明確なセクハラです・・・。甘くて美味しくて、どうしようもありません。

【写真2】
キスマーク.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:02| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする