2016年07月30日

感動しました!義理の息子さん!

 今日は暑い。しかし、青森から来た患者さん4人は、口を揃えて「青森より涼しい」と言いました。話によると、青森の今日の気温は34度だそうです。
 実は、来週土日の講演会準備のために焦って、只今眠くなっています・・・。火曜日の朝、また遠い仙台市内(太白区は確か市内ですが、秋保近くて郊外みたい。でも、スタッフから丁寧に「太白区も市内、秋保も市内」と言われました・・・。)の会場で朝6時からモーニングセミナーの講話もあり、明日丸一日一生懸命準備をする予定です。

 今日は、ご夫婦やカップルの患者さんが多いです。皆、仲が良くラブラブ。
 30代の不妊症のご夫婦、50代のご夫婦、60代のご夫婦、70代のご夫婦、奥さんを「おかみさん」と呼ぶご主人も居ますし、奥さんがご主人を「○○ちゃん」と呼ぶ方も居ます。
 でも、今日一番感動したことは、義理の息子さんが15ヶ月入院の義理のお母さんを看病したことです。青森から来たご夫婦の50代のご主人は、数年前から漢方薬を服用していて今日久しぶりに来局。2年前に脳出血をして入院している奥さんのお母さん(80代)をご夫婦で看ています。今日の奥さんの話によると、5月に他界したそうで、15ヶ月間ほぼ毎日病院に一日2回ご主人と行っていたそうです。更に、一緒に来局された奥さんのお兄さんから「妹夫婦は、15ヶ月の間に病院に行かない日は2回しかありません。」と聞いて、ただの凄い親孝行ではなく、一瞬にして尊敬の気持ちになりました。感動しました!本当に感動しました!!凄く感動しました!!!一生感動し続けます!早速、明日は中国に居る母と義理の母に親孝行の電話を一本入れます!
posted by 懐仁堂 at 18:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

2ヶ月の漢方で少年の夜尿症が改善されています

 来週水曜日から招待した中国の漢方の教授3人が仙台に来て、交流会と講演会を集中して行う予定です。今日から開場や資料・スライドなどを準備しなくてはなりません。いつも私の中国人の癖でスタッフ達から「もう時間がありません、もっと早く準備しないと!」とブツブツ言われませんが、みんなの気持ちは分かっています・・・。したがって、今日から一生懸命やり始めました。
ちなみに、3人の教授の講演会に合わせて私自身も来週の日曜日の午後に講演会もあり、そのスライドも準備しなくてはなりません。また、来週の土曜日の鼻と耳の講演会の通訳も担当しなくてはなりません。特にこの講演会は、鼻はあまり関係ありませんが、耳鳴り・難聴の高齢の方も多く、大きな声で綺麗な日本語で一生懸命話をしたいと思います。70名の定員の講演ですが、キャンセル待ちも10名ほど出ています。満員と言えば、いつも相撲の満員御礼の表示を見ているので、ここでまず来週土曜日の講演会に参加してくださる方に早めに満員御礼を申し上げます(たまに新しいマンションが売り切れて、完売御礼というのも見かけます)。

 今日は一人の少年のことだけ書きます。この少年は実はサッカー少年で今小学生ですが、これから時々練習試合の為に合宿があるそうです。しかし本人もお母さんも大変悩んでいます。なぜなら子どもの時から週に3〜4回夜尿症があり、6月6日から当薬局の漢方薬を服用してまだ2ヶ月たっていませんが、先月はあまり変化がありませんでした。今日お母さんが7月の記録を持って来て確認したら、週に3〜4回だった夜尿は平均週2回にまで減って量も少なくなって、前から続いていた腹痛と下痢も完全に改善されました。8月の2回の合宿があり、絶対無事に成功できると思います。この少年に「試合がある時は応援に行きます!テレビに出るようになったら必ず観ます!!」と約束しました。
posted by 懐仁堂 at 17:56| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

万歳!旧スマートフォンは、ほぼ完治!!

 これから長くブログを書こうというところ、福島店から嬉しいニュースが入りました!昨日3回目でやっとスマートフォンが入院できて、とりあえずただのクリニック治療だけと主治医から言われてあまり期待していませんでしたが、現時点で旧スマートフォンの中のデータがほぼ修復可能との連絡がありました。医療の言葉を使うと、ほぼ完治!大変嬉しいです。また、スタッフの伝言によると入院治療は約2週間必要で、完治して退院できる見込みはお盆前だろうとの事です。お盆前でも良いです。全部回復すれば良いです。また治療費は○万○千円だそうで、予想より高くありませんでした。全ての大事な情報から考えるとお金で計算できるものではないからです。嬉しくて嬉しくて、祝いの気持ちで今晩はお酒を飲もうかなと思います。

 ところで、昨日の夜のテレビと今朝の新聞の私の一番関心のニュースは、子宮頸がんワクチンの被害少女たちが提訴したことです。海外で危険性が指摘されたのに、厚生労働省が通常より短い期間でも販売を許可しただけではなく、ワクチンの接種を推奨しました。薬の副作用があるのと同じで、本来は国民にリスクを知らせたうえで受ける受けないを自分で判断すべきと思います。テレビの報道で、ベッドで寝たきりで床から低いベッドにも移動できない、トイレにも行けない、歩けないなど辛い思いをしている少女たちの姿を見ると本当に悲しいです。私と妻は二人の娘に絶対ワクチン接種を受けないことを最初から話していました。知り合いの産婦人科の医者から「娘さんの分を用意してあるので、接種を受けに来て下さい」と言われましたが行かなくて、その後また一回「娘さんの分はまだあります。料金はいらないので来てください」とも言われました。現時点で全国の2900人以上の少女たちが通常の生活ができない、勉強出来ない、仕事が出来ない、美しい夢を奪われたことを考えると本当に悲しいです。したがって、今日結果的に嬉しいではなく悲しいです。
posted by 懐仁堂 at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする