2016年08月31日

明日、懐仁堂の設立15年!

 今日は台風一過により晴れ!大変良い天気でした。
 毎年15年前の今日は懐仁堂漢方薬局 仙台店がスタートした時の大変さを思い出し、特にオープン前夜は準備の手伝いとして初代の薬剤師をはじめ東京や仙台の友人・知人達、製薬会社の営業マンに手伝ってもらったことを今でも忘れません。初代の薬剤師は3年前に亡くなりましたが、いつも思い出し感謝をすると共にご冥福をお祈りしています。
 明日は感謝の気持ちをもっと沢山書きたいと思います。

 今日は天気が良かったので患者さんが遠方からも沢山来局してくれました。
 一番嬉しい患者さんは、平成26年9月から潰瘍性大腸炎(診断は平成22年から)で治療を受け、また心療内科(平成21年から)も受けていた30代女性が、昨年10月の大腸検査で炎症も出血もない事に引き続き今もまた一年間、出血や下痢、腹痛もありません。今度の10月に検査予定ですが、間違いなく検査は正常で“完治”を言われると思います。
 来月から仕事復帰の予定だそうで、本人はドキドキ不安な様ですが、大変喜んでいます。私から「最初は毎日仕事ではなく、まず週に2〜3回半日ずつ、を慣れてから毎日仕事復帰をした方が良いと思います」と提案しました。仕事復帰、本当におめでとうございます!

 ところで明日の設立15周年に合わせて、HPの私の挨拶文を9年ぶりに更新、写真も更新しなければなりませんが、なかなかいい写真が見つからず…急きょ福島店でスタッフから下の写真のように【私が椅子に座っている感じで撮るアングル】を「こんな感じでいいべ」とニヤニヤしながら盗撮していました。
 どんな感じの写真になるか明日のHPのトップを楽しみに見てみて下さい(ちなみに懐仁堂の看板の字は私が書いただけではなく、私の手で彫り、色も塗りました!)。
IMG_1486.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

私の力で台風は弱く通過した!?

 昨夜から台風10号の勢力が心配でしたが、夕方近い報道によると福島・宮城を通過し岩手沿岸に行っちゃったみたいです。今のところ、台風による雨・風による被害がそんなに大きくなくて安心しました。
 私が一生懸命に祈った結果だと思います!

 実は今朝早くから、当薬局を営業するか否かを大変悩み、スタッフ達とも早朝ライン会議を開きました。そこで、やはり経験豊富な方に聞いて確認をした方が良いと思い、仙台の3人の経営者に聞いて調査をしました。
 そのうちの一人は宮城県をはじめ全国に何百店舗もの店を持っている方で、その会社では今日は通常営業。しかし午後、台風状況が酷くなった時は周りの他店を確認して早目に閉めるか否かの判断を各店長に一任する、とのことでした。また、遠くから通勤していたり通行止めにより出社できない社員は自宅待機、幹部クラスは必ず出社するそうです。
 私も自分の目で確認しようと思い、朝8時に自宅を出て町の様子を見に行きました。一番町近くの店をみると8時から営業している店もあり、火曜日が定休日以外は通常通り営業していて『台風により閉店』の張り紙がある店は一軒もありませんでした。

8:05 自宅の片平周辺の交通・営業事情。
IMG_1458.jpg

IMG_1459.jpg

IMG_1460.jpg

 以上を踏まえ、スタッフ達に当薬局は通常営業の旨を伝え、遠くから通っているスタッフ一人以外は皆、普通どおり通勤するようにしました。
 案の定、ブツブツ言う福島のスタッフもいましたが、もちろん本当に酷い時は早目に店を閉めるつもりでいました。ご安心を。

16:00 仙台店前の北四番町前の風景
IMG_1464.jpg

IMG_1465.jpg

 今日はやはり台風の影響で仙台・福島とも漢方薬の注文は少なかったのですが、遠い方などの発送依頼はあり、少なからず営業した甲斐はありました。

 台風の中、大変良くなった患者さんもいました。
 今年4月から漢方薬を服用している8歳の男児は、5年前から咳や鼻水が治らずにいましたが服用4カ月で大変良くなり、今では殆ど全ての症状が改善しました。また7月から服用している9歳のお姉ちゃんは、4年前からの味覚が無い症状で、当薬局の漢方薬を服用1ヶ月半で完全に元に戻ったと喜んでいました。

17:30 間もなく晴れる様子!!バンザイ☆
IMG_1468.jpg

IMG_1470.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

台風の大きい影響はなし!難病の新患が多い一日でした。

 昨日、予定通り朝5時出発ではないですが5時40分に家を出発し、横手の患者さんの所へ行きました。行きも帰りも1/3くらい高速道路を使い、その他は全て山道。従って景色をいっぱい脇見しました(もちろん安全運転)。行きでは、岩手県一関市の厳美渓の素晴らしさを一人で静かに堪能しました。
IMG_1325.jpg

IMG_1332.jpg


IMG_1343.jpg

 その後、栗駒山を通って(茶色は山崩れで十年前の震災影響をまだ見ることができます)、岩手県、宮城県、秋田県の三県別れたところの須川高原温泉にて6時から営業で入浴ができる場所があり、素晴らしい大きな露天風呂があるところで入浴しました。

IMG_1338.jpg

IMG_1345.jpg

IMG_1348.jpg

 写真のとおり温泉の白っぽいお湯が山から滝のように流れてきます。もっと長く入っていたかったです。露天風呂の近くには足湯が出来る川の様な温泉もあり、写真のように石が緑になって石も拾えました(残念ですが温泉の川の写真を撮った時、私の足が邪魔になりました)。
IMG_1355.jpg

IMG_1353.jpg

IMG_1351.JPG

 山を下りた時、“仙人の水”も500cc一本分とりました(実はまだ飲んでいません。大事に保存しています)。
IMG_1356.jpg

 その後は横手の患者さんの所へ行って、一緒に横手城を見学し、一緒に昼ご飯をとり3時半に帰路に着きました。
IMG_1381.jpg

IMG_1388.jpg
 
 湯沢と小安峡、また栗駒山を通って仙台に夜8時に着きました。車のメーターをみたら約400キロ走行しました。残念なことは横手でイナゴを食べられず(料理のメニューになかった)、また湯沢を通った時には美人一人にも会えなかったことです。
 しかし写真の通り小安峡は当然紅葉にはなっていませんが、きれいな緑の景色で水墨画にも描きたくなりました。
IMG_1429.jpg

IMG_1435.jpg

IMG_1438.jpg

 また、小安峡の観光案内所では美人が沢山いる観光ポスターを盗撮しました。
IMG_1402.jpg

 楽しく疲れた一日でしたが、景色にも癒され、秋に再び同じコースで訪れたいです。

 ところで今日の福島店では一日雨でしたが台風の影響はほとんどなく、病院では治らず、いろいろな西洋薬を服用している方など難病の方が多かったです。
 例えば二年前の夏から、ほぼ毎日眩暈のする86歳女性(眩暈をはじめ狭心症、睡眠薬、胃腸薬など7種類を服用)や数年前から匂いが全く感じない84歳女性(耳鳴り、胃痛、便秘、緑内障など)、胸水で苦しんでいる70代女性など。遠い関東圏からは、特発性肺線維症で入院している70代女性がステロイドの治療で高血圧、高血糖になり退院の見込みもなく “頼みの綱”として当薬局の漢方を選ぶ決断をしました。実は何故、今の治療に期待をしていないのかと言うと、主治医から「自分のお父さんもこの病気で亡くなった」と言われたそうです。

 当然、良くなった患者さんもいます。
 数年前から舌先が痛くて良くならない50代女性は6月29日から当薬局の漢方を服用して一ヶ月後に来局した時には「大変痛みが軽くなった」と言われ今日、本人に舌の痛みを確認したら「一切ない」と言われました。今日から顔の湿疹や痒み中心の漢方に変えたので、それらの効果にも期待しています。

 今日、実は患者さんの中に中国語ペラペラの方が二名居ました。その内の一人である80代女性は17歳まで中国で暮らし、戦後無事に帰国しました。私の出身地などを聞かれたので張家口、包頭など正しい発音なども含め中国語の地名を教えました。
posted by 懐仁堂 at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする