2016年10月31日

“腹立つ”ではなく“胃立つ”状態。。。

今日のブログは分かりやすく1,2,3,4…にします!

 1.今日は寒くて一日中眠いです。昨日は昼寝もして、昨夜は7時間寝て、今日は福島へのバスの中で30分寝て、さらに午後2時ころ患者さんが居ない時に30分寝ても…眠い。。。睡眠不足ではなく、寝過ぎかなぁ?でも夕方は皆で6時過ぎまで仕事です。まだ患者さんが来ないので。

 2.仙台店スタッフの一人は電話での声が全く別人のようでした。「今日はハロウィンだから?」(「変身」ではなく「変声」かとも思ったので)と聞いたら、一言「咽喉かぜ」だそうです。福島のスタッフの一人は「今日はハッピーハロウィン」と言ってニコニコと一足先に帰りました。

 3.新患は共に50代の数年前からの耳鳴りで耳鼻科3カ所に通院して漢方を服用しても治らない女性や、動悸・不安感・息苦しい・外出できないなどで二年間、漢方を服用しても治らない女性などです。

 4.平成26年大腸がん、肺・肝臓・リンパ転移で手術後の抗がん剤治療を受けて副作用が強く、腹水や咳や痰で苦しんでいる70代男性は今年2月からの漢方服用で様々な症状が改善され、例えば7月に腹水で胃腸を圧迫、足の浮腫み、食欲不振、息苦しい症状が改善され、体重が4キロ減り(間違いなく、ほとんど腹水)、顔色も良くなり、今は抗がん剤を半量にして続けています。最初は漢方併用を主治医に知らせず、首をかしげながら症状が改善されることを不思議に思っていたそうです。それから主治医に漢方服用している旨を話したら「なぜ漢方を服用している」「漢方薬だけにして下さい」など批判的に言われていました。今日は患者さんご夫婦に「良くなればいい。なぜ漢方服用かというと、やはり腹水や咳、痰などで食べられないなど改善されず苦しんでいるからでしょ」と言いました。実は、この患者さんの受けている病院は、漢方薬を服用している今日の新患の耳鳴りの患者さんと同じ病院です。漢方外来があり、同じ病院の先生方が処方してくれているのに、なぜ漢方を否定するのか。

 5.夕方でも胃が重苦しいです。4の患者さんの事に対して胃立つではなく、昼に久しぶりに“から揚げ定食”を食べたのが原因でしょう。

 やっぱり私は草食系です。。。
posted by 懐仁堂 at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

感動したことが多いです!

 今日は風が強くて寒くて、新患の患者さんも多くて疲れました(なんとなく昨日と同じですが、今日はのどは大丈夫です。ただ、頭がボーっとしています)。
 難病の患者さんも多いです。再生不良性貧血の80代の女性、間質性肺炎の50代の女性、潰瘍性大腸炎の20代の男性、パーキンソン病の70代の女性、重症筋無力症の70代の男性、多系統委縮症の50代の女性など。

 新患のガンの患者さんも多いです。幸い皆さん友人の紹介などで早速今日から当薬局の漢方薬を併用することにしましたが、診断が遅れたり、自分では長い間あまり症状に気が付かなかった方が多いことは残念です。
例えば、50代の子宮頸がん卵巣転移の女性は、今年2月から不正出血があり、婦人科の病院で数回検査をしても細胞診をしても異常が見つからず8月にやっとガンと診断され、9月に手術をしました。また、もう一人の糖尿病もある肥満の40代の男性は、昨年12月から血便があるのになかなか仕事が忙しくて検査を受けられませんでした。今年3月に手術をして、9月に肝臓腹膜転移があり、10月26日から抗がん剤治療を受けていますがやはり副作用が強いです。

 よくなった患者さんのことは省略しますが、感動したことがあります。一つは50代のガンの女性のことですが、今日退院してすぐ上司と友人が当薬局に連れて来ました。良い会社、良い友人かなと思います。
また、平成26年から海外から帰宅するたびに婦人科の病気と不妊のために当薬局の漢方薬を時々服用している間もなく50代の女性は、希望を持って妊娠を諦めていません。
 最後に、50代の車イスで言葉もトイレもできない難病の女性は、ご主人と娘さんの看病を受けていますが、特に夜トイレに3〜4回行く時も娘さんが手伝うそうです。今日教えた手足のマッサージも娘さんが一生懸命お母さんにやってくれると言って大変感動しました!お父さんの話によると、娘さんはお母さんのお世話をするために実家に帰ったそうです。良い娘さんだなと思います。
posted by 懐仁堂 at 17:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

私のナンバーワンの友達からハロウィン飾りを貰いました

 今日は寒くて忙しくて、新患さんが多くて体より喉が疲れました。ガラガラ・・・。

@午前中一気に新患さんが3人(中年以上の女性2人、男性1人)来局。3人とも知り合いで親しいそうですが、関係は不明。男性は、肺線維症、肺硬化症、肺癌の3種類の難病で苦しんでいます。1人の女性は数十年前からひどいリウマチで、指は鶏の足のように関節変形して痛くて曲がらないし伸ばせません。漢方で少しでも検査結果や症状が改善することを願っています(ちなみに、十年以上前ですが、70代の両手変形のリウマチの患者さんは、関節の太いところの変形も完全に取れ、伸ばせるようになった例があります)。

A午後に、大変な70代の女性患者さんが来局。癌の再発予防と間質性肺炎の漢方薬を服用してよくなっていますが、うつ病の息子さんのことで悩んでいます。
 昨年6月から家から一切出なくなり、散歩も電話も出来ない、人に会わない、お母さんに暴力、止むを得ず仕事も今年辞めました。それだけではなく、2週間に一度の心療内科の診察のため、前日の4時から1時間並んで予約、次の日にまた1時間待って診察を受けます。また、役所や保険会社などの手続きが色々あるそうです。ご家族が2人なので、「手伝ってくれる親戚は居ますか?」と聞いたら、親戚も居ないそうでとても疲れていました。(私も時間があれば手伝いに行こうかなと思っています。)

B平成24年から潰瘍性大腸炎を診断され、平成27年から当薬局の漢方薬を服用している60代男性は、半年間の漢方薬で血便など全ての症状がよくなり、漢方薬1ヶ月分で3ヶ月間服用するよう減量し、8月に1年ぶりの検査でほぼ完治と診断されました。本人はとても喜んでいて、主治医はビックリしていたそうです。夜のトイレが近いので、今日から漢方薬が変わりました。

 ところで、写真1〜2のとおり、10月14日(のブログに書いています)に私のファンになってくれた女の子がお母さんと一緒に来局。ハロウィンの手作り飾りとプリンを持って来てくれました。飾りは習い事で手作りし、プリンは私のために選んでくれたそうです。お母さんから「懐仁堂に一緒に行きたいと言われて、保育園を早めに帰って来ました。」と言われ、とても嬉しくて感動。初めて“チュープリン”をチューしながら食べました。一番仲が良い女の子を選ぶなら、この可愛い女の子かなと思います!今日から薬局のカウンターの一番目立つ所に飾っています。
 ちなみに写真3は、花のプロの女性から頂きました。こちらも素敵なので一緒に並べて飾ります。

【写真1】
*マヨネーズではなく、チュープリンです。
ハロウィン1.jpg

【写真2】
ハロウィン2.jpg

【写真3】
ハロウィン3.jpg

【写真4】
ハロウィン4.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:02| 腸の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする