2017年04月20日

遺伝病の女の子の視力はさらに改善

 昨日は強い風でしたが、今日は少し寒いですが穏やかな天気です。今朝の新聞を見たら新幹線がずいぶん止まったり数時間遅れたりしたみたいですが、私は昨日夕方福島からの帰りはバスを利用したので影響はありませんでした。

 今日はまた先天的な遺伝病の視力が0.1以下でほとんど見えない姉妹3人のお母さんが来局。この姉妹は大学病院の小児科や皮膚科・眼科など回りましたが治療法が無いと言われて、昨年12月初めに市民センターで私の「漢方と子どもの成長」の講演会を聞いた後、12月27日から当薬局の漢方薬を服用開始しました。3月22日のブログにも書いた通り、18歳の長女は絵本の文字が見えやすくなって、中学3年生の次女は学校で遊んでいる時ボールが見えるようになりました。中学1年生の三女は今年初めて雪と雨が見えると言いました。今日来局したお母さんにさらに変化はありますかと聞いたら、長女と三女は特に変化はありませんが、次女は先日車の中から初めて看板の字を初めて見て「こめ・・・」と読めたそうです。間違いなくさらに回復しています。本当に嬉しいことです。

posted by 懐仁堂 at 17:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする