2017年04月21日

漢方で喉のポリープが消えた!

 今日来局の漢方薬を服用している女性は、昨日癌と診断されてこれから精密検査を受ける予定の60代のご主人を連れてすぐ漢方薬を服用したいと来局しました。やはり検査後の治療まで時間がかかります。奥さんが来局した時、いつも私がブツブツ「癌と診断されたらただ精密検査や治療を待っているよりも、一日も早く漢方薬を服用したほうが良い」と言っています。今まで患者さんの話を聞くと、癌と診断されてから手術や治療まで3ヶ月から半年くらいかかる人もいます。こんなに待っていると癌は進行し、早期から転移になる可能性があります。

 大変な患者さんがいます。せっかくうつの症状やパニック・不眠が漢方で改善されたのに、親戚のところに行ってバカにされてまた悪化した60代の男性の患者さんがいます。また、まだ15歳なのに心療内科から精神安定剤・睡眠薬などを処方されて服用している高校生の男の子もいます。

 再発した喉のポリープが漢方だけでなくなってお医者さんが驚いて、ご本人は喜んでいる患者さんからメールが届きました。ご本人の許可を得てここで紹介します。この患者さんは、平成27年12月に初めて喉のポリープを手術して2週間後またポリープが再発。平成28年6月に2回目の手術をして3週間後にまた再発。ポリープの影響で喉の痛み・声枯れ・咳、また不眠症や逆流性食道炎もあり、3回目の手術をしても再発の可能性があり大変困っている時、当薬局のホームページを見て平成28年8月18日から当薬局の漢方薬を服用開始しました。9月の検査でポリープはさらに大きくなりましたが、その後徐々にポリープは小さくなり、喉の痛みや声枯れ・不眠も改善され、さらに今年の花粉症はずいぶん軽いと言われました。実は、漢方の考え方では喉は肺系に所属し、花粉症も肺の病気と考えています。したがって、今回の喉のポリープの漢方薬は肺を強くする効果があり、花粉症も軽くなったと考えられます。
 最後に、この患者さんからの喜びのメールの一部を掲載します。
 今日、受診したところ色素の沈着をのこしただけできれいに声帯が平滑になっていました。その時の医師の驚いた様子も良かったです。「なんで?胃酸制御薬が効いたか?」と言ったのですが自分はそれもあるかもしれませんが、漢方薬を飲んでいるからだと思う、と伝えました。医師は「僕は漢方薬は信じない。成分的に証明できなから。でも、これはそういうこと(効果があった)だよね。是非、今度の診察の時に煎じ薬のリストを見せて欲しい、と言われました。
posted by 懐仁堂 at 17:48| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする