2017年06月07日

写真の通り1年間で皮膚の難病がほぼ完治

 今日は難病で大変な患者さんが多いです。
 癌を診断後に余命を言われて肺転移の70代男性、一日12〜13回下痢で夜だけでも数回下痢のクローン病の30代男性、大きい病気ではありませんが昨年11月から風邪の後に毎日頭痛で内科・脳神経科・眼科などに通い脳の検査は正常で病院の薬を服用しても効果がなくだんだん通学できなくなった中学生の女の子など。
 頭痛がひどくて今週に2回しか学校に行けない中学生の女の子に、「早く休んで30分走る。昼、学校で10分位仮眠すること」などを教えました。女の子の将来の夢は学校の先生なので、ピッタリかなと思います。何故なら、中国では学校で昼寝は常識で成績につながります。日本の九州大学での研究も、宮城の学校での実験でも昼寝のクラスの生徒は午後の授業に集中出来て成績もアップしています。漢方薬を一生懸命服用して頭痛がよくなり、早く元気に学校に行けるように祈ります。

 半分嬉しく半分悲しいことは、数年ぶりに当薬局の漢方薬を服用する患者さんのことです。平成21年当時30代で顔・手に湿疹が出て当薬局の漢方薬を服用してよくなった後、6年半ぶりに来局されました。実は2年前に癌を手術、いろいろな治療を受けましたが今年5月に転移の疑いがあるので当薬局を思い出しました。
 他に、今高校1年生の男の子が3年ぶりにまた漢方薬を服用します。平成24年にめまい・頭痛・吐き気・朝起きられない・ほとんど学校に行けない・病院を転々としても検査に異常はなく薬を服用してもよくならないため、当薬局の漢方薬を平成26年まで服用していました。とても嬉しいことは、約2年間の漢方薬服用で症状が改善し毎日通学できるようになり、高校にも合格しました。悲しいことは、最近少しうつが出ていること。多分高校が忙しくてストレスが多いかなと思います。もちろん、また漢方薬を服用してよくなると思います。

 今日よくなった患者さんが沢山居ます。
 十数年前から皮膚の難病の尋常性乾癬で全身かゆく、3ヶ所の病院を転々としてもよくならない60代後半の女性は、昨年6月から当薬局の漢方薬を服用しています。昨年11月9日のブログに書きましたが、8割位よくなって今日足をみたら完全によくなりました。本人はとても喜んでいます。(写真1,2の通り)

【写真1】平成28年6月
平成28年6月.jpg

【写真2】平成29年6月7日
平成29年6月7日.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:23| 皮膚病と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする