2017年07月31日

いよいよ明日、山形店オープン!!

 今日は山形店のスタッフから電話で「午後二時位に山形の保健所から明日オープン予定の薬局開設許可が下りました!」とありました。福島店のスタッフにも「おめでとうございます!」と祝辞をもらいました。大変有難く、山形保健所の公務員の皆様に感謝申し上げます。
 私はたぶん、土日は残業していませんが金曜日の深夜までと今日の昼は食事をせず懐仁堂漢方薬局の為に残業したと思います(記憶)。絶対、明日のオープンの為に皆様の忖度した結果かなと思います。感謝、感謝…感謝の気持ちいっぱいです!
 明日はドキドキ・ワクワク・心身一新で一年4か月ぶりの山形店での仕事を楽しみにしています。また、(政治家の様に)全身全霊をかけて、山形の皆さんの為に身を捧げたいと思います。いや、誓います!

 今日の福島は雨の涼しさから一転、晴れて暑かったです。
 いろんな患者さんの事がありますが、残念な患者さんのことは二つありました。
 一つは、5〜6年前から酷い耳鳴りや眩暈、吐き気などで発作がおきると休まなければならず仕事に影響を与えていた40代男性は7/24から漢方を服用していましたが、飲む前にも匂いに反応してしまい…服用後は頭痛や眩暈がおき、その後は一切漢方を飲めなくなりました。何回「これは好転反応で一度乗り越えれば逆に早く改善する例がある」と説明してもなかなか納得できず「漢方を中止し病院に行く」と本人は選びました。
 今までも病院の検査や治療で良くならないのに、加えてまだ40代。今、頑張って漢方で体質改善をすれば…など、本人の将来を考えると悔やまれます。絶対に脳神経に異常はないと思います。とても残念です。

 もう一つの残念な患者さんは、もっと早く体質改善の漢方を併用したら…と思う患者さんのことです。
 十数年前から不妊治療を受けても(タイミング、体外受精、人工受精、顕微授精など全ての治療)なかなか成功できず、今も不妊治療を受けている40代前半の女性の事です。本人によると、繰り返す不妊治療で今では不眠や不安感に苛まれ、腰痛もありインスリンの働きも悪くなっているそうで、やはり体質改善をしない限り厳しいかなと思いました。
 もともと不妊治療の成功率は数%と低めで、40歳を過ぎると更に成功率は低下します(%で例えると0.数%かなと思います)。「当薬局の体質改善の漢方で最近、無事に妊娠・出産に成功した40代近い女性の漢方費用は、不妊治療の1/18%」と言ったら「自分も数百万円使い込みました」と言われました。早く妊娠の成功を祈ります!本人は諦めず本当に頑張っていると思います。私も一生懸命応援します!
posted by 懐仁堂 at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

無料の朝食の私と、13種類の薬を飲んでいる80代の男性

 意味不明のタイトルで長過ぎ!マズイ!!
 でも、朝食は美味しい。ほぼ無料の自然食でした。朝5時半に起きて、いったん雨が止んだので散歩に出かけて、帰り道の廃屋の塀の前の道路脇でスベリヒユ(ヒョウ)とハッカ(写真1〜3)を発見して、早速左手はヒョウを一掴み、右手はハッカを一掴み採りました。洗った後(雨のせいで結構泥がついていて何回も洗いました)、ヒョウは茹でて酢・醤油・ゴマ油を5:1:1の割合(本来は生のニンニクを6割入れたかったですが、今日仕事の関係で皆さんに迷惑をかけないように入れませんでした)のドレッシングと混ぜました。ハッカは細かく切ったあと、水で溶いた小麦粉と混ぜて少し塩を入れてフライパンで両面焼きました(写真4)。とても美味しかった!これから、売って収入が増えたり産業になって名物になる見込みがあるので、このヒョウの名前は「花壇ヒョウ」と命名します(場所は名前の通り仙台市青葉区花壇○丁目です)。写真に辞任した○○女性大臣の新聞が写っていますが、ヒョウとは一切関係ありません。

【写真1〜3】花壇ヒョウ
ヒョウ@.jpg

ヒョウA.jpg

ヒョウB.jpg

【写真4】ヒョウとハッカの朝食
ヒョウC.jpg

 今日は新患の患者さんが多いです。不眠・不安・イライラ・生理不順・心電図異常の30代の女性や、不妊症の30代の女性、30代からめまい・耳鳴りでずっと通院治療をうけて病院と転々としても良くならない50代の女性、喉頭ガンと診断され手術出来ない50代の男性など。いずれにしても、みなさん当薬局の漢方薬を服用している友人や家族の紹介で来局されました。
 今日嬉しい患者さんのこともたくさんあります。例えば、子どもの時からアトピーで平成26年から当薬局の漢方薬を服用している30代の女性から今日連絡があり、皮膚が改善されただけではなく最近妊娠も成功しました。スタッフから「なぜ皮膚病の漢方薬を服用している女性で妊娠に成功した方が多いのですか?」と聞かれましたが、皮膚病の患者さんの漢方薬に血流を良くする生薬が多く入っているからです。現代の不妊症の女性の一番の原因は冷えによる血流が悪いことが考えられます。したがって、皮膚病と同時に不妊症の女性が当薬局の漢方薬を服用して、皮膚も改善し妊娠も成功した例が多いです。

 ところで、タイトルの13種類の薬を服用している男性は、7月8日のブログに書いた80歳の男性の事です。この男性は、平成19年に高血圧・脳出血で多量の薬を服用して3年前に腎機能が低下。透析と言われました(今日、奥さんの話によると今週病院に行ったらお医者さんからまた透析と言われたそうです)。もちろん、ご本人も奥さんも透析をしたくないので、妹さんの紹介で漢方薬を飲み始めました。今日持って来た今週の血液検査結果は、やはり腎機能だけではなく造血機能も改善されています。例えば漢方を服用する前の6月27日はクレアチニン5.68、尿素窒素70.9でしたが、7月25日にはクレアチニン5.54、尿素窒素65まで下がりました。また、6月27日の赤血球は318、ヘモグロビン9.8、ヘマトクリット29.7でしたが、7月25日には赤血球346、ヘモグロビン10.6、ヘマトクリット33.1まで上がりました。奥さんの話によると、お医者さんは漢方薬の併用は良いと言われたのでこれからどんどん良くなって漢方の効果を認めてくれて、透析と言われなくなれば良いなと思います。また、血圧も以前はずっと薬を飲んで150〜160くらいなのに、今週の病院で量った血圧は130代になりました。いずれにしても10年間13種類の薬を服用してどんどん腎機能が悪くなった状況から、漢方で一転してよくなったことを大変喜んでいます。
posted by 懐仁堂 at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

福島で講演会

 昨日二人の女性政治家がそれぞれ辞任により、今日の記憶が回復しました。従って、今日のことは忘れずにハッキリと覚えています。

 今日は一日仙台での仕事でしたが、途中11時半から4時半まで車で福島民友新聞社の健康教室卒業式の記念講演(講演会は1時半から3時)で、漢方の講演に行って来ました。
内容は、漢方の肝臓と腎臓の役割について。スライド準備をしている時、一番前のおばあさんから「凄いですね。髪が真っ黒!」と言われて、「どうぞ近くで見て引っ張ってみて下さい。カツラではなく本物です!」と冗談を言いました。80人程の参加者は全員女性で、高齢者が多いですが顔を見ると30〜40代女性も居ました。また、手を挙げる人数からみると、多数の方は漢方薬を服用したことがあります。また、今日初めての参加者が多いです。また、福島民友新聞社の社員も最後まで話を聞いていました。

 患者さんのことについて、脳腫瘍の手術をして退院したばかりでまたすぐ漢方薬を服用したい透析をしている70代女性や、最初舌の腫瘍の疑いで細胞検査でカビと診断されましたが、治療薬が無いと言われた30代男性など・・・。
 記憶は全然問題ありませんが、結構疲れて気力がなくなりそうなので、ブログは短くします。実は、月曜日から今日まで毎日福島〜山形間を車で運転しました・・・。

posted by 懐仁堂 at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする