2017年07月03日

私とカラスの枇杷争奪戦!

 今朝からの雨は午後から少しずつ晴れてきましたが、福島や仙台も大変な雨で靴も膝までズボンも濡れました。

 雨の中、新患の患者さんが多かったです。
 不眠で悩み5年前から4種類の薬を服用しても睡眠が良くならない70代女性や、ひどい更年期障害で息苦しい、息切れ、のぼせ、不眠の50代女性、生理不順、イライラ、不安感、頭痛、眩暈、不眠、咳や痰、耳鳴り、腰痛、便秘、乾癬の30代女性などなど。

 もちろん良くなった患者さんも多かったです。
 昨年12月から不眠、不安感、眩暈、息切れ、動悸、食欲不振などで病院では診断されず苦しんでいた60代男性は、半年間の体質改善の漢方薬で全ての症状が良くなり喜んでいます。今後は心臓病と肺ガン・胃がん予防の漢方薬を服用予定です(家系の中に心臓病やガンが多いからです)。また、小学校の時からアトピー性皮膚炎で昨年12月からは全身悪化し、薬の副作用で足がパンパンに腫れ全身の痺れがあった50代女性は、今年2/27から一生懸命に体質改善の漢方服用で良くなり、本人によると「皮膚と痒みは8割良くなっています。足の浮腫みや全身の痺れは完全に良くなり肥満気味の体重も3〜4キロ痩せました」と言いました。
 2月の時の皮膚の状況写真と今日のを比べようと思ったら残念ですが二月の写真が財務省と文部省の資料・メールの調査より10倍範囲を広くパソコンを調べましたが…見つけることが出来ませんでした。本当に残念でした。その時は顔も浮腫み、酷い状況だったのをを覚えています。本人と皮膚科の先生は半年間の漢方効果に驚いています。

 ところで、昨日の朝に10数年住んでいるマンション前の市の運動場片隅にある大きい枇杷の木に、熟した枇杷を初めて食べようと思い、採っていたら運動している人に「美味しいですよ」と教えられました。すぐに一個を食べたら…甘酸っぱくてデパートの高級枇杷より美味しかったです。写真の通り丸くて小さいですが、味は格別でした。それを知ってからは一気に沢山採りました。また、昼も夜もマンションから降りて採りました。夕方に取りに行くと写真の通り三羽のカラスが飛んできて私と競争するように枇杷の争奪戦が始まりました。やっと地面に枇杷の実の皮だけ落ちていた意味が分かりました…カラスの食べ残しです(実は私も皮と種を残してきました)。
IMG_6582.jpg

IMG_6596.jpg

IMG_6586.jpg

IMG_6597.jpg

 この美味しい枇杷をスタッフ達に食べさせたいし、枇杷の画も描きたくて雨の中、沢山の枇杷を福島に持ってきました。写真の通り、昼休みに枇杷を食べながら枇杷の画を描きました。題名は『晴肺解渇枇杷果』(枇杷の実と葉は漢方薬で肺の熱を下げる、咳や痰を止め痰を溶かす効果があります。枇杷の葉は薬局でよく使う漢方薬です。
IMG_6608.jpg

IMG_6614.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする