2017年07月14日

癌、アンズ

 まず、スタッフ達に申し訳ない!お詫びします。実は、今日ずっと忙しくて休憩もできなくてみんな疲れたかなと心配しています。疲れたら夜のお母さんの看病のスタッフにも、仕事の後活動のスタッフにも、帯状疱疹の疑いのスタッフにもマイナスの影響がでるかなあ・・・。

 やはり、大変な患者さんが多いです。3週間後に国家試験を受ける予定の40代の男性は、ホテルに行く度に不眠で今回の試験は東京で4泊だそうで、さらに合格者が例年10%未満の超難しい試験で、さらに不眠・不安になるかなと心配しています。また、14年間心療内科を転々として5ヶ所の病院でそれぞれうつや双極性障害などの病名がついて多量の薬を服用しても良くならない40代の女性(ちなみに最近の心療内科の処方薬を見ると8種類の薬を服用しています)など。
 その他にガンの患者さんも多かったです。腎臓ガン手術後リンパ転移で抗がん剤治療を受けている20代の女性や、肺ガン手術後リンパ転移の40代の女性、膀胱ガン2回手術して脳転移の60代の男性など。その中に4年前から漢方薬を服用している膀胱ガン3回再発の男性2人は、ずっと漢方薬を服用して検査は全部正常で再発転移は一切ありません。
 また、平成25年に子宮体ガンで卵巣・リンパ転移、手術後抗がん剤治療を受けて、半年後に肺転移して放射線治療を受けながら平成25年11月からずっと漢方薬を服用している60代(当時50代)の女性は、4年間ずっと漢方薬を服用して最新の検査で転移・再発が一切無く、病院のお医者さんから「奇跡的」と言われたそうです。ご自分でも、昨年息子さんの結婚式に参加出来たこと、また来月は娘さんの結婚式にも参加できることが漢方を服用する前はずっとできないかもしれないと思っていたそうです。

 大きい病気ではないですが、ずっと苦しんでいる様々な症状や病気の方で、体質改善の漢方薬で驚くほど改善された例もたくさんあります。例えば、15年前に交通事故に遭って、その後毎日頭痛で毎日鎮痛剤を服用している50代の女性は、当薬局の漢方薬を服用している友人の紹介で、今年5月13日から漢方薬を服用しています。1週間後頭痛が軽くなって、今は頭痛が完全になくなって鎮痛剤も一切飲まずに日常生活が送れるようになっています。2週間前にぎっくり腰になって、整形外科の薬で良くならなくてまた当薬局に来ました。

 今日、美味しいアンズを食べました!スタッフの家の庭に亡くなったお父さんが昔に植えたアンズの木から自然に落ちたらしいですが、アンズか梅か分からないとスタッフが言っていました。食べてみたらおいしくて、子供の頃私のおじいさんが植えたアンズの木の実と同じ味なので、アンズと判定しました!朝・昼・夕方、時々食べて数えてみたら10個以上食べました。他のスタッフ4人にも1個ずつ食べさせて、みんな美味しいと言いました。写真の通り、残ったアンズは明日引き続き食べます。アンズといえば種は漢方薬で、「順腸咳止」の効果があります。よく使っています。

【写真】スタッフの家で採れたアンズ
アンズ@.jpg

アンズA.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする