2017年12月07日

お母さんの不眠・不安の漢方も小学生の娘さんに効きます

 今日の山形は大変良い天気。暖かくて晴れて青い空に白い雲、冬ではなく秋みたいでした。今日は大変忙しかったです。でも本当に子どもから大人まで体質改善の漢方で大変よくなってみんな喜んでいます。
 例えば、平成21年に9歳の時発達障害で当薬局の漢方薬を服用しているおじいさんの勧めで漢方を服用して聴力・言葉が改善された女の子は、平成23年に目の難病の網膜色素変性症で視力がだんだん低下して視野もだんだん狭くなって、またおじいさんが相談に来ました。その時からまた漢方薬を服用開始。見事に視力は両眼0.1前後から1.0前後まで改善されました。昨年8月以降漢方薬煎じ薬を服用していませんでしたが、最近の眼科の検査で視力は0.5〜0.6で視野も狭くなって今日からまた煎じ薬を服用することになりました。なぜ煎じ薬を中止していたか聞いたら、ご両親は公務員で毎日帰宅が夜11〜12時で、おじいさんも84歳と高齢なのでなかなか煎じることが大変だったと言われました。眼科の治療方法は一切無く、漢方を服用している時は著しく視力も改善しているので、84歳のおじいさんがこれからまた頑張ってお孫さんのために煎じ薬を煎じる予定です。

 一番驚いたことは、不眠・不安でなかなか良くならない30代の女性は、当薬局の漢方薬を服用している親戚の紹介で11月9日から漢方薬を服用して著しく効果が現れました。ご本人の話によると寝付き、途中で目が覚める、夢が多いなどが改善され、夜11時〜朝の6時半位まで目が覚めないで熟睡出来ました。また、不安もずいぶん改善されました。一番不思議なことは、ほとんど毎日頭痛で悩んでいた小学校5年生の娘さんも毎日少しずつ漢方薬を飲んでみたら、娘さんから頭痛がずいぶん軽くなったと言われたそうです。西洋医学から見ると不思議で不可能と思いますが、親子特に同性の場合は漢方医学から見ると大変体質が似ていますので、同じ漢方薬でお母さんの体質改善もできるし、娘さんの違う症状の体質改善もできます。したがって、同じ漢方でお母さんの不眠・不安が改善され、娘さんの頭痛も改善されました。

 難病の患者さんも多くて、新患のIgA腎症の40代の女性はわざわざお父さんと関東から来局しました。この患者さんと話している時思い出しましたが、今まで全国から当薬局の漢方薬を服用したことのあるIgA腎症の患者さんで印象に残っている方だけでも西は神戸、和歌山、兵庫、横浜、東京、茨城、もちろん東北地方の福島、宮城、秋田から一番北の北海道まで全国にいらっしゃいます。みなさんそれぞれ尿蛋白・潜血やクレアチニンが改善されて、妊娠出来ないと言われた方も元気なお子さんが産まれて腎機能も正常の方や、透析後に移植してその後また腎機能が悪くなりました(私から見ると移植の後の多量の免疫抑制剤の副作用と考えられます)が当薬局の漢方薬を服用して腎機能が改善され元気で仕事をしている方もいます(この方は、ちなみに50代の女性で、東京の病院でお姉さんの腎臓を移植した後、2ヶ月後からまた腎機能が悪くなりました。1年間漢方薬を服用して腎機能が正常値に改善されました。3年前に漢方薬を止めても、今も腎機能は正常値のままです。この患者さんについて一番印象が深いことは、漢方薬を服用して半年くらいの時、どうしても結婚25周記念で海外旅行に行きたくて漢方薬をスーツケースいっぱいに冷凍したものを持って、出国入国許可してもらう為に大変な量の漢方薬の書類を準備したことです。もちろん、元気で無事に海外旅行に行きました。)
posted by 懐仁堂 at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする