2018年01月13日

疲れて無題

 今日も寒いですが良い天気。朝からセンター試験が始まりました。例年と違って漢方を飲んでいる受験生はいないみたいですが、うちの浪人の娘は朝からセンター試験会場に行きました。しかし、試験会場に入ったかどうかは確認できません。良い成績をとるために先月から漢方対策を取っています。夜は肝臓と脳の働きをよくして熟睡できる2種類の漢方薬を服用しています。朝は、集中力を高めて低酸素で脳の働きをよくする高山薬草を無理矢理飲ませています。良い結果が出たら漢方薬の名前を公開して皆さんにオススメします。

 今日も忙しかったです。5日間の連続の忙しさで、午後からお腹の調子が悪くなっています。ちなみに、昨日の耳の痛みと聴力低下は良い睡眠をとったおかげで今日は解消されています。

 患者さんのことについて印象深いことを書きます。
@土曜日なので、小学生から高校生までの子どもさんが多かったです。みんな喘息やアレルギー性鼻炎やアトピーや多いですが、統合失調症、悪性リンパ腫脳転移の未成年の方もいます。

A今日の患者さんの中で、40代から50代の全然健診を受けていない女性が多いです。たとえば一人の40代の女性は、婦人科と胃の病気もある家系で家族の中に癌の患者さんも多いのに、癌検診もしていないし、健康診断も受けていません。これから2年に1回でも良いので健診に行ってくださいと強く勧めました。
また一人の60代の女性は、安定剤・睡眠薬・鎮痛剤などを数十年間服用して多種類のサプリメントも服用していますが、今顔のむくみがあり、その他にお父さんもお母さんも両方糖尿病で、お父さんと兄弟3人が人工透析を受けているのに、血液の肝機能・腎機能は検査を受けたことがないと言われました。ご本人とご主人に早く検査して下さいと言いました。

B体質改善の漢方薬で全身のさまざまな症状が改善された患者さんは沢山います。例えば、肥満・鼻炎・頭痛・足がつる・生理不順などの30代の女性は、昨年7月から漢方薬を服用して、ご本人の話によると漢方を飲む前は婦人科の薬を飲まないと生理が来ませんでしたが、秋から毎月自然に生理が来るようになって、周期も順調になっています。その他に頭痛・足がつる・イライラも改善され、体重も3kg痩せました。

 癌の患者さんがやはり多いです。卵巣癌腹膜転移で腹水もあり抗がん剤治療を受けている80代の女性は、1週間に1回4リットルの腹水を取らなければなりませんでしたが、漢方を服用してから腹水は減って今は2週間に1回腹水をとって、1回の量も減りました。その他に、進行性胃癌肝臓転移の60代の男性や、すい臓癌で手術出来ない肝臓転移の60代の男性は漢方を併用して、癌の新しい転移がなかったり肝機能が改善されたり、抗がん剤の副作用が軽くなっています。
 
 只今スタッフ達が来年の干支について盛り上がっています。来年はイノシシ年と耳に入ってきましたが、「困る!」と思いました。なぜなら、日本ではイノシシですが中国では豚なので、来年の絵は何を書けば良い?日中両方の習慣を表わすために1枚の絵に1頭の豚と1頭のイノシシを書こうかな?仲が良いように書けますが、現実では仲は良くならないでしょう。


posted by 懐仁堂 at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。