2017年04月06日

癌の患者さんが多い

 今日は春より夏に近く暑かったです。薬局裏のレンギョウも開花宣言します。(スタッフAさんの独断宣言!)

 今日は話がいっぱいで疲れました。原因は、新患さんが多いこと。特に、若い女性の癌の患者さん。例えば、一人の40代女性は今年2月末に乳癌を全摘手術(温存療法より選択は正しい。若いし、ステージUと診断されてリンパ転移もあります。)3月に抗がん剤治療を1回受けて、口内炎・脱毛などの副作用があり、自分の友人やご主人の友人から当薬局の漢方薬を強く勧められたそうです。
 もう一人の40代女性は、6年前に乳癌の温存療法手術を受けました。(ステージTで転移はありませんでしたが、若いしご両親共に癌なので転移・再発しやすいと考えられます。全摘すべきだったと思います。)その後、ホルモン療法を受けましたが、2年前に同じ場所に再発。また手術し、昨年胃癌と卵巣癌と診断されました。これから手術をする予定ですが、今日余命を言われ、本人はとてもショックを受けています。今までと違い、今日から体力免疫力を高め、腹水を減らし癌を抑制する漢方薬を服用できるし、食事療法もできるので、絶対に最低余命の2倍は元気に超えることが第一の目標と設定しました。頑張って欲しいです。応援します。

 只今観察したら、写真の通りやはり独断宣言ではなく、本当に開花しています。来週満開かな。ちなみに、昨日スタッフBさんは勇気を持って開花宣言しようと思っていたようですが、微妙であきらめたそうです。

【写真1】
開花宣言のレンギョウ。
レンギョウ1.jpg

【写真2】
レンギョウ2.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:01| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする