2017年06月12日

半年間の漢方薬服用で精子の運動率が3倍以上に改善!

 胃が痛いです。原因は写真の通り昨日の朝5時に起きて西の山形の山に行って今年最後のニセアカシアの花を採り…毎食、食べ過ぎの結果です。。。美味しかったですが、事業自得です(ついでに仙台の愛子の鳳鳴四十八滝と山形天童の大滝を一人で見ました)。。。
IMG_6289.jpg

IMG_6298.jpg

IMG_6301.jpg

IMG_6377.jpg

 本来は昨日、昼にもアカシアを食べたかったのですが、幸い友人の呼びかけでアカシアを食べ過ぎることなく、昼に例のジジ三人の合同誕生日会をレストランで開催しました。ちなみに、三人の誕生日は11日、13日、25日で年は2才の差で58才、56才、54才です(これ以上の説明はしません(笑))。

 今日の患者さんについては、悲しいこともありました。
 2015年12月に大腸がん、肝臓と脾臓に転移し手術できず抗がん剤治療をずっと受けながら仕事をしていた新患の60代男性は、一ヶ月前から38〜40度の熱で、先月のCT検査でガンが大きくなっていたそうです。抗がん剤治療を今は休んでいますが食欲がなく体重が15キロ痩せたそうです(「最初から漢方薬を併用すれば、、」と奥さんが悔しがっていました)。
 また、5月に胃ガンと肝臓転移と診断され、手術が出来ない20代男性は、6月から抗がん剤治療を一度受けましたが副作用が強く、抗がん剤治療を中止しています。

 良くなった方も沢山いました。
 例えば精子の運動力・質が悪く不妊治療を繰返し失敗している漢方薬服用中の40代男性は、半年間の漢方薬服用で精子の運動力が昨年12月18.6%から今月の53.4%にまで改善。また、精子の運動力の低速から高速まで改善されています。次回の不妊治療の成功を心から祈っています!
posted by 懐仁堂 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする