2017年07月15日

自閉症の少年から手作りのお菓子をいただきました

 今日は昨日より風があって少し涼しいですが、薬局の仕事は昨日より忙しかったです。特に、予約以外に急に来た方や家族の相談に付き添いに来て臨時で漢方薬を服用した方などが多かったです。一番嬉しいことは、だいたい私と同じ年齢の女性の方が15年ぶりにまた来局したことです。正式に言えば平成14年12月にヒドイ鼻炎で耳鼻科でもなかなか良くならなくて、当薬局の漢方煎じ薬を3ヶ月服用して著しく改善したことがあります。今日は別の病気で悩んで当薬局に来ました。

 厳しく叱った患者さんもいます。この30代の男性は、高血圧・慢性心不全で7種類の薬を服用していましたが、平成27年2月に腎不全と診断され、クレアチニンは3.69まで上がりました。平成27年3月から当薬局の漢方薬を服用して改善された知り合いや同僚の紹介で漢方薬を服用して見事に改善されました。平成28年1月のクレアチニンは1.93、12月7日に1.89、今年の1月には1.71まで改善されましたが、その後仕事が忙しかったりして薬局に来られないうちに、趣味の野球や月の3分の1は外食という食生活などでクレアチニンがどんどん上がりました。例えば今年3月のクレアチニンは1.79でしたが、最新の6月19日の検査では1.84になって、また貧血も出て病院の薬を6種類服用していますがよくならなくてまた来局しました。実はこの男性の知り合いの同僚や友人は来局するたびに私にこの男性に強く言って欲しいと言われていました。やはり、みんな分かっています。一生懸命漢方薬を服用しないと透析の道しかありません。食生活改善するかなあ・・・。野球やめるかなあ・・・。漢方薬を一生懸命服用するかなあ・・・。心配しています。

 嬉しいことのひとつは、朝一番にご両親と来局した自閉症の男の子のことです。平成24年、中学生の時から当薬局の漢方薬を一生懸命服用して無事に高校を卒業して今年就職して、今日は会社で作ったお菓子をお母さんがお土産として持って来ました。大変嬉しい!まだ食べていませんが、今まで買った他のお菓子よりずっと価値があり美味しいはずと思います。漢方薬でこんなに自閉症の症状が改善されたことを本人も実感しているし、ご両親も分かっています。最初来たときは不安で落ち着かなくて、大きい声を出してずっと両手を噛んで手が傷だらけになっていたのをはっきり覚えています。もちろん、今両腕はキレイになって私と会話もできています。

 明日から2連休。3連休のスタッフもいますが、みんな有効に利用して休養するか活動して欲しいです!

posted by 懐仁堂 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする