2017年08月07日

仙台 七夕美人は王羲之の半文字に及ばない

 今日の福島はとても蒸し暑いですが、明日はぐっと気温が下がる予報です。今の感覚として希望は10度位下がってほしい!ご存じの通り今日は立秋です。でも期待できません。

 今日は落ち着いた一日でした。
 IGA腎症の50代女性や、間質性肺炎の80代男性(この方の検査結果は横ばいか症状は良好です。例えばこの男性は、市役所で一気に4階まで登って息苦しさと息切れを訴えましたが7月末のCT検査では肺の影は小さくなっていました)などなど。しかし、関東圏在住のアトピー性皮膚炎のお犬様は皮膚が痒く悪化しているそうです。
 平成25年12月から服用している60代男性は、ずっと痛風と診断され最近は尿酸値を下げる漢方を服用していました。みごとに尿酸値が下がりましたが、ずっと痛風の薬を服用。最後の発作は平成27年12月でしたが、その後は発作なく、今日は内科で「痛風ではありませんね。蜂巣炎です」と言われたそうです。本人やご家族が「尿酸値が漢方で下がったのに、どうして?」とずっと不思議に思っていたそうです。

 皮膚と言えば今の季節は皮膚の湿疹が痒くなりやすい時期です。うつ病の40代女性は漢方で睡眠やブツブツ独り言を言うのが大変改善して落ち着いていましたが、お母さんによると最近は悪化しています。原因は、皮膚病で痒いお父さんが寝た後に痒くて目が覚めて夜中に2〜3回シャワーを浴びるからだそうです(当薬局の体質改善の苦い漢方薬を飲めばいいのに…)。

 写真の通り、昨日は随分と時間をかけてユックリ宮城県多賀城市の東北歴史博物館での漢字三千年展を観てきました。また観たくて一冊の展示の目録集も買いました。これからは時々詳しく見ますが、もう一度、直接また観に行こうかと考えています。なぜならば、三千年に一回のチャンスかもしれないからです(ちなみに、この展示会の企画者の黄山美術社は東京の友人の会社で、「漢字三千年」の書は日本に居る書道家・篆刻家の友人の陳 茗吾の書です。会いたくて「二人はいますか?」と記念品を売っていた友人の会社の社員に聞いたら「開幕式に来ましたが、今は居ないです」と言われました。
IMG_7017.jpg

IMG_7032.jpg

IMG_7069.jpg

IMG_7038.jpg

IMG_7067.jpg

IMG_7024.jpg

 なお、漢方に関係する展示物もありました。例えば「瘤」という記録の甲骨文字や漢の時代のお墓の「絹」に書いている五十二病方など。
IMG_7022.jpg

IMG_7021.jpg

 写真の通り仙台藩の伊達さんが閖上の「閖」を作ったそうです。
IMG_7036.jpg

 面白い福禄寿もありました。
IMG_7042.jpg

 写真の通り、夕方には仙台一番町の七夕飾りをみてきました。仙台の雀踊りの美人だけではなく徳島の阿波踊りの美人も「雲集」のようにいっぱい来ていますが、私としては…美しさは漢字展の王羲之の「蘭亭集叙」の一文字ではなく、半文字にも及びません。
IMG_7076.jpg

IMG_7064.jpg

IMG_7047.jpg

IMG_7066.jpg

 この日の感想について、下記の詩を書きました。
 『仙台七夕看一眼 漢字三千賞西天 七夕美女 美如仙 不及王羲之 一字半』
posted by 懐仁堂 at 17:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする