2017年10月07日

20年近く統合失調症の40代の女性は、漢方で改善

 今日は雨。雨の中傘を持って散歩しました。今日の散歩の目的は運動だけではなく、これから水墨画の作品を書くための観察です。毎年、例の仙台医家芸術祭の展示会に作品を出品して今まで蔵王・松島・奥松島・三陸海岸などいろいろ書きましたが、今年は自宅の目の前の青葉山と広瀬川の春の風景を書こうと思って、観察してスケッチして11月中旬まで作品を書く予定です。その後、表装して展示会は12月1日からです。ちなみに、まだ絵は書いていませんが出品表を書く為に作品の漢詩を書きました。本来は絵が出来上がった後に書きます。作品の漢詩は、「桜紅青葉山 柳緑広瀬川」(青葉山の山と広瀬川の川の中国語の発音は、ちょうど韻が同じで山はshan、川はchuan。素晴らしい!)。

【写真1、2】自宅近くの風景
広瀬川@.jpg

広瀬川A.jpg

 今日の患者さんについて、やはり新患の患者さんが多くて忙しい!今日の患者さんで病院の薬を多く飲んでいる方は40代の精神疾患の8種類、糖尿病腎症で透析している60代の女性の9種類です。
よくなった患者さんもたくさんいます。例えば、全身湿疹・かゆみでなかなか良くならない40代の女性の湿疹・かゆみは1週間の漢方薬でも効果が出て、かゆみも湿疹の赤味も軽くなっています。また、外出できない程頭痛・めまい・吐き気がひどい10代の男性は、8月末から漢方薬を服用して、今は公園を10〜13周くらい走って回れるようになりました。

 タイトルの20代から統合失調症の40代の女性は、○○大学病院をはじめ4ヶ所病院を転々として8種類の薬を飲んでも、イライラ・不安・不眠・耳鳴り・頭痛・息苦しい・動悸・幻聴・幻覚などの症状が改善されませんでした。さらに、生理不順で婦人科で注射しないと生理が来なくなりました。今年8月から体質改善の漢方薬を服用して、さまざまな症状が改善されてお母さんの話によると毎日お母さんと買い物など外出できるようになって、料理の手伝いや掃除もできるようになりました。また、9月に自然に生理が来ました。幻聴・幻覚も軽くなって睡眠も改善されて、昨夜の地震も起きなくてずっと熟睡していたそうです。
 
 これから、国政選挙が始まりますが毎年のノーベル賞の発表が終わりました。おとといの文学賞の受賞者は日本生まれの日系人で本当に日本中が喜んで、本も売れて、日本政府もお祝いのコメントをしましたが、昨日の平和賞の発表は大変日本と関係があるのに今日まで政府のお祝いはありません。大変残念です。私たちの健康と一番関係があるのは、やはり生理学・医学賞です。受賞の研究は体内時計を生み出す遺伝子機構の発見ですが、実は漢方医学と大変関係が深いです。写真3・4のように24時間、時間の経過と共に五臓・経絡・陰陽などが変わっています。私から見ると、今年の生理学・医学賞の3人の受賞者の他に、プラス中国の漢方医学が必要かなと思います。

【写真3、4】体内時計
体内時計.jpg

体内時計A.jpg

posted by 懐仁堂 at 17:51| 精神的な病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする