2017年12月06日

書道観賞 中国漢方医の処方箋

 今日の福島は寒いですが晴れてとても良い天気でした。
 何より、朝から薬局内のドキドキ・ワクワク・ソワソワ感の空気は、天気の様に昼休みには一気に晴れました。…実は昨日、国立小学校を受検したスタッフの子供の合否結果が出る日でしたが、昨日は郵便が届かず、朝から何回聞いても「まだ分がんない」「まだ」「まだ」と言われていました。昼食を終え、薬局に戻って第一声「どお?」と聞くと「お蔭様で合格!いま電話がきましたっ」と合格の知らせが届きました。本当に嬉しく、おめでたいです!超スパルタの勉強法を心配していましたが大変良い結果でホッとしました。

 今日は精神的な疾患と難病の患者さんが多かったです。
 うつ病の40代男性や、30代の統合失調症の女性、30代のIgA腎症の女性、再生不良性貧血の50代男性、拡張系心筋症の70代女性などなど。やはり皆、体質改善の漢方で症状や検査結果が良くなっています。
 例えば40代の男性は、平成21年からうつ病と診断され、ずっと心療内科の治療で7種類の薬を服用していても良くならず、今まで4回トータル一年以上休職していました。平成23年7月から当薬局の漢方を服用開始して一年後には仕事に復帰。病院の薬も2種類にまで減り、今日まで休みは一切なく頑張って仕事をしています。もちろん漢方薬もだんだん減り、平成25年11月からは10日分の漢方薬を一ヶ月かけて服用しています。今は視力・腰痛、肩痛など老化予防の漢方薬を服用しています。

 間もなく中国から来日24年(1994年3月1日来日)になり、中国に行ってもたぶん同じだと思いますが今、毎日パソコンやスマホであまり手書きの文章や手紙を書かなくなったせいで漢字の多くを忘れています(中国では全て漢字なので日本にいるより少し漢字を忘れるのが少ないかもしれませんが)。加えてもちろん、スタッフ一同が私の認知症を心配したように、加齢に従って物忘れや記憶力低下も関係あると思います。
 これからはできるだけ漢字を書く為に、書道を一生懸命に練習したいと思います。今朝、中国のネットで中国漢方医の筆による手書きの処方箋(写真3は5歳の子供の処方箋)を見ました。写真の通り、プロの書道家に負けない程のキレイな字に感激・感動しました。皆さんも観賞して下さい!
写真1
IMG_8517.jpg

写真2
IMG_8518.jpg

写真3
IMG_8519.jpg

写真4
IMG_8520.jpg

写真5
IMG_8521.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする