2018年01月25日

4ヶ月の体質改善の漢方で確実にパーキンソン病の症状が改善されています

 今日も寒くて雪。朝、山形に行くバスは止まったかなと思ったら、10〜20分遅れましたが、通常通り山形に行きました。

 山形の大雪の中で、新患の患者さんもいますし、以前から漢方薬を服用している患者さんも来局しました。印象の深い患者さんのことは、
@3年前に1ヶ月だけ漢方薬を服用した当時40代の不妊症のご夫婦が来局。もちろん、さらに時間が経過しているのでなぜ当時続けなかったか聞いたら、ご本人から実はその後お母さんが病気になって止むを得ず看病を優先して、子どものことは後回しにしたそうです。昨年末にお母さんは回復して施設に入ったと言われました。なるほど、世の中にやはり両立できないことは沢山あります。でも、年齢からみると本当に厳しい。特にご主人も精子の質と量の問題もあり、漢方薬を服用しなくてはなりません。今回は最後のチャンスとして漢方薬を続けて早く成功することを祈ります。

A4〜5年前に3ヶ月の漢方薬を服用してすっかりよくなった女性は、20代の娘さんと息子さんのご相談で来局しました。子ども2人の病名は言いませんが、息子さんは4月前に改善したいと言われました。間違いなく完治はできませんが、改善はできると思います。

B昨年9月から漢方薬を服用している60代のパーキンソン病の男性は毎月奥さんが漢方薬を取りに来ていましたが、4か月ぶりにご本人が奥さんと来局。この男性は、平成21年にパーキンソン病と診断され、病院の治療を受けていますが症状がどんどん進行してひどい手と上半身の震えの他にだんだん歩くことが遅くなりました。今日、奥さんとご本人の話によると、改善されたところは@歩くことが早くなったA手の動作、物を取ることが早くなったB字を書くのがキレイになったC手の震えの幅が小さくなったことです。4か月ぶりに字を書くスピードとキレイさを比べるためにもう一度文章を書くテストをしてもらいましたが、残念ながら4ヶ月前の漢方服用前に書いた字のテストは行方不明になっていました。責任は私とスタッフ2人3分の1ずつかなと思います。でも、確実に症状が改善されていることは間違いなく、大変嬉しいです!
posted by 懐仁堂 at 17:46| 難病と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。