2018年01月18日

不妊治療の直前に漢方で30代の女性が自然妊娠成功

 今日は昨日の雨の天気から一転して晴れて暖かくて春みたいです。実は、昨日の帰りは大変でした。福島のバス停まで歩いて、また仙台のバス停から自宅まで歩いたので、ほとんど運動靴は濡れました。雨のせいだけではなく、傘が小さいことも一因かな。

 今日は癌・腫瘍・アトピー・慢性腎炎などの患者さんの他に、不妊症の患者さんが多かったです。今の冬の季節に漢方薬を服用することは大変タイミングが良いかなと思います。なぜなら、漢方医学の考え方では女性の不妊の主な原因は二つあると考えています。一つは腎臓の陽が弱いこと、もう一つは血流が悪いことと冷えです。
 一人の30代の女性は、昨年2月に自然妊娠しましたが流産して3月から腎臓を強くする体質改善の漢方薬を服用しています。この女性は、若い時から腎盂腎炎と膀胱炎を繰り返していて、尿潜血・尿蛋白・生理痛・冷え・むくみ・イライラ・不安・寝汗など様々な症状があり、体質改善の漢方で様々な全身の症状が改善されました。昨年11月までまだ妊娠成功していませんので、ご本人からはそろそろ不妊治療と婦人科の検査をしようと思ってと相談がありましたが、私から「冬は体質改善が一番大事なので、春になったら妊娠の可能性が高いです」と言って、春までの妊娠に向けて処方が変わりました。今日本人から喜びの電話があり、自然妊娠成功で妊娠5週目と診断されたそうです。もちろん、今日から流産予防の漢方に変わりました。順調な妊娠と無事の出産を祈ります。
posted by 懐仁堂 at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

エアコンもダメ。私の腸もダメ。スタッフの肺もダメ。

 いきなりですが昨日、下痢をしました。お腹の調子が悪く、今日の午後は怠いです。以上の理由でブログを短くします!
 ところで今日は仙台も福島も朝から雨ですが、寒さは少し和らいでいるかなぁと思います。しかし福島店の待合室にあるエアコンは相変わらず部屋を暖めてくれません。加えて正月前から風邪をひいているスタッフの一人は相変わらずで、風邪から気管支炎になり、また風邪ひいたりで「寒気がとれたら楽!」と喜んでいますがゲホゲホしています。聞くと痰は正月前の透明から正月明け黄色、今日は緑色です。「咳で肋骨やりましたぁ」と明るく言いますが…重症。。。大変申し訳ない、と思うので早い回復を祈ります。

 患者さんの事について、概ね皆さん改善しています。
 50代の鬱の男性、60代の鬱の男性、肺がん手術後の70代女性、両手湿疹の40代女性、IgA腎症の40代女性、眩暈の50代女性などなど、それぞれ症状が良くなったか検査結果が良くなっています。例えば40代の両手湿疹の女性は、今は両手の湿疹や痒みが無く皮膚がキレイになっています。
 昨年10月から漢方服用開始したIgA腎症(10年前から)の40代女性は、漢方服用前9月のクレアチニン1.72から正月前の12月検査では1.57にまで改善されています。腎機能が改善されれば徐々に他の症状や数値も良くなってきます。焦らずにいきたいところです。

 今日は昼にスタッフ達の部屋を通る時、脇見したら壁に大きな鏡があり、顔を見てお手入れをしていたので「いつ更衣室の鏡をここに持ってきた?」と聞いたら「へ?何年も前ですけど?彼氏いっぱいいっから、誰がいつ来ても良いようにオ・テ・イ・レ」と見向きもせずに言われました。まぁ、大変良い事です。更衣室にあるより、時々顔を見ていれば老化予防になるかと思います。そう言ったら皆一斉に「そうですよっ!」と口を揃えて言いました。
posted by 懐仁堂 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

山形の路上でおばあちゃんの洗剤の大きなボトルのフタを空けました

 今日の仙台も山形も晴れて暖かくて、とても良い天気でした。先週の山形の吹雪から一転して歩道に雪は一切ありません。

 先週より忙しくないですが、10時間睡眠をとっても眠い70代の女性や、卵巣手術・不妊の30代の女性、めまいの60代の女性、貧血・頭痛・腰痛の30代の女性など、新患の患者さんが多かったです(ちなみに、女性の方ばかりです)。

 一番印象が深いよくなった患者さんのひとりは、平成21年にパーキンソン病と診断され、ずっと病院の薬を服用していますが、だんだん進行して手の震えが止まらないほど進行していました。昨年8月から当薬局の漢方薬を服用して、今日来局した奥さんの話によると、食事や新聞を読むときなどほとんど手の震えの症状が改善されたそうです。来週ご主人も来局して感謝に来ると言われました。その時、食事療法と生活習慣のリハビリ法を教える予定です。

 ただいま、一本の喜びの電話があり、2016年7月に腎機能低下で、頻尿・排尿痛・膀胱炎を繰り返して、尿検査で潜血は+1〜3、尿蛋白は+1の70代の女性は、今日病院の検査で尿潜血はマイナス、尿蛋白もマイナスで2年間で初めての正常値でよろこんでいます。ちなみに、この患者さんは2016年10月から関東の漢方や仙台市内の漢方や地元の高価な漢方を服用しても改善されなくて、昨年の11月24日から当薬局の漢方薬を服用開始しました。ちなみに、当薬局の漢方薬の月額は今までの3分の1くらいです。

 山形店の仕事が終わり、急いで仙台行のバス停に行く途中、通りでひとりのおばあちゃんに「ちょっとお願い!」と呼び止められました。「なんですか?」と聞いたら、手に大きな洗剤のボトルを持っていて、なかなか開けられないので開けて下さいと言われました。手の力があまりない私は一瞬戸惑って開けられるかなと思いましたが、左手一本で簡単に開きました。80歳以上のおばあちゃんは喜んで、私もとても左腕の力に自信がつきました。ちなみに、私は左利きです。
posted by 懐仁堂 at 18:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする