2018年01月26日

3回転移・再発の70代男性は6年間一切異常なし

 一言まず言うと、疲れました・・・。疲れているところに、夜の会合は7時半からスタート。何時に終わるかな、中国人ばかりで結構飲むかな、早めにスタートすれば良いのに・・・。
 取り敢えず、今日の患者さんのことについて、
@肺の病気の患者さんが多い。
 COPDの70代男性、非結核性抗酸菌症の40代女性、肺に影とCOPDの70代男性など。
新患さんの他に、やはり皆さんよくなっています。例えば、昨年9月から漢方薬を服用している40代女性は、息切れ・咳の症状が改善されただけではなく、歩く時の体力も以前と違うと感じています。また今日まで風邪もインフルエンザもありません。もう一人の肺に影とCOPDの70代男性は、肺を強める漢方薬を昨年10月から服用し、半年ぶりの1月16日のCT検査結果は、影は小さく薄くなっています。

A沢山の病気があり、沢山の薬を服用している患者さんが多い。
 60代男性は、緑内障・白内障・中耳炎・高血圧・不眠・難聴・腰痛・手足のむくみ・肥満などの病気と症状があります。もちろん、薬が増えてもよくなりません。特に目を手術後も視力低下で、今は両目の裸眼視力は0.01以下でほとんど物が見えません。
70代女性は、狭心症・逆流性食道炎・不眠・不安・耳鳴り・難聴・腰痛・手のしびれ・舌痛い・口臭・膀胱炎・便秘・腎機能低下などで8種類の薬を服用していますが、どの症状も改善されていません。

B癌の患者さんが多い。
 子宮体癌・卵巣転移で手術後に抗がん剤治療を受けている50代女性や、余命を言われたすい臓癌・肝臓転移で手術できない70代男性、平成28年9月に鼻の癌と診断され、その後放射線・抗がん剤治療を受けていますが大腿骨・背骨・骨盤などにどんどん転移して昨年11月に更に肝臓・肺に転移の60代女性など。

 よくなっている患者さんも沢山いますが、一番嬉しいことは癌の患者さんのことです。平成24年から漢方薬を服用している膀胱癌3回手術、抗がん剤治療を受けても繰り返し再発・転移(脳転移)の当時60代の男性は、3回目の手術後に今までの西洋治療法を繰り返し考えてみて、癌の3大治療法だけでは限界があるので、体力免疫力を高めて脳の再発・転移を抑える漢方治療を選びました。間もなく6年間。今日の最新の血液検査結果と先月のCT検査結果の報告をしてくれました。血液検査は全部正常で、CT検査結果も全く異常はありません。もちろん、これから漢方薬を継続しますが、数年前から漢方薬は減量しています。

 最後に、皆さんに漢方医学の養生・気功・呼吸体操法を教えます!
下記の通り「立式八段錦」は、宋の時代に考えられ呼吸に合わせて全身の骨・関節のバランスを取る、経絡・気・血の流れをよくする、心身のバランスを高める健康法です。皆さん是非一日1〜2回を長く続けて欲しいです。必ず効果を感じられると思います。できれば、死ぬまで一生続けて下さい。
 ちなみに、一人の足痛の女性患者さんに教えたところ、その場でササッとイラストを描いてくれました。とても分かりやすい!スタッフから「プロのイラストレーターさんなので勝手に載せて大丈夫ですか?」と言われましたが、皆さんのためになることを本人も喜んでいるはずです。

【立式八段錦】
1 両手挙天理三焦
2 調理脾胃単挙手
3 左右開弓似射雕
4 五労七傷望後瞧
5 両手攀足固腎腰
6 攢挙怒目増先力
7 揺頭擺尾去心火
8 背後七顛百病消

*1日2回(大きく呼吸。10回ずつ)

img328.jpg


posted by 懐仁堂 at 18:03| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

若い女性の癌の患者さんが多い

 ただいまスタッフにマイナス何度ですかと聞いたら、分からないと言われましたが結構寒いです。薬局の全ての部屋5台のエアコン全部加齢により、29度に設定しても暖かくなりません。ちなみに私の手は一日中冷たく冷えています。至急ストーブを買うか工事をするかスタッフ達に一任しました。今日は先週の忙しさはないですが、やはり新患の患者さんが多く忙しいです。例えば肺の難病のCOPDや、20代から精神疾患と診断されずっと心療内科の治療を受けていますが16年間ひきこもりの30代の男性、流産・不妊の30代後半の女性など。

 もちろん、よくなった患者さんもたくさんいます。例えば、潰瘍性大腸炎の30代の女性は、下痢・血便・腹痛で平成26年9月から当薬局の漢方薬を服用して、2年前から便の症状が改善され最近の大腸検査で腸の充血・出血・炎症は一切ありません。子どもが欲しくて今日から妊娠の漢方薬に変わりました。
 また、平成28年3月大腸癌ステージV、リンパ転移で手術後すぐ漢方薬を服用して抗がん剤治療を受けている40代の女性は、平成28年11月に抗がん剤治療が終わった後も漢方薬を減量して服用を続けています。最近の検査で再発・転移はなく、大変喜んでいます。 
 昨年11月13日のブログに書いているはずの2015年子宮頸がん手術後抗がん剤治療を受けて8ヶ所転移があり、抗がん剤の効果が無く緩和治療を受けて立っていられない・座れない程背中や足腰が痛い40代の女性は、その後ずっと漢方薬を服用して、今日お母さんの話によると足のむくみは大変良くなって、元気になって全身の痛みも軽くなって仕事に復帰しましたと言われました。お母さんから、「絶望していたのに漢方だけでこんなに回復して本当にありがとうございました」と言われました。

 正月休みの間にヨーロッパから連絡があり、昨年12月に乳癌手術をして1月中旬から放射線治療を受ける予定で仙台に帰ってすぐ当薬局の漢方薬を服用したいという40代の女性は、大変残念ですが薬局が休みだったので当薬局の漢方を服用できずに帰国しました。本当に申し訳ないと思って、今日やっと丁寧にメールの返事をしました。やはり、今日の若い癌の患者さんのように、当薬局の漢方薬でなくてもドイツの漢方薬でも放射線治療を受けながら体力・免疫力を高め、放射線治療の副作用を軽くする漢方薬を併用することを心より勧めます。

 ところで、胃が痛い。原因は不明ですが、たぶん今日締切りの二つの文章を焦って書いたからかなと思います。昨日は一生懸命2月公開予定の薬局のホームページの挨拶文をだいたい書きましたが、今日の間に直さなければならないことと、福島の月刊誌の3月号の原稿も今日締切りです。ただいま5時、なんとか終わりましたが、胃痛は続いています。
posted by 懐仁堂 at 17:44| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

余命3ヶ月の患者さんは漢方で3年半を超えました

 今日は冬至。明日は天皇誕生日。これから毎年12月末に冬至の日が来ますが、天皇誕生日は来年の12月が最後だそうです。「ちょっと天皇誕生日が無くなるのは寂しいかな・・・」と言ったら、スタッフから「新しい天皇誕生日があります!」と言われ、ほっとしました。

 明日の天皇陛下の誕生日を祝うために、明日は祝日の休みで有難いですが、今日は2日間の仕事量になります。印象深い患者さんのことは沢山ありますが(例えば5年前から漢方薬を服用しているパーキンソン病の40代男性は、症状が改善されています。1ヶ月前から漢方薬を服用している、首・背中・腰痛でMRI検査は全部正常の70代男性は、全身の痛みが軽くなっています。)、一番印象深いのは、癌の患者さんのこと。今日も癌の患者さんは沢山居ます。
 乳癌を手術後に再発し、また肺に6ヶ所転移、その後に抗がん剤治療を受けても効果が無く、胸水もあり余命3ヶ月と言われた60代女性は、平成26年5月から漢方薬を服用していて余命はどんどん延びています。今日ご主人が来局され、今は胸水を抜くため入院していますが、間違いなく元気に正月を迎えることが出来ます。
 11月20日のブログにも書きましたが、膀胱癌で尿管転移し、尿が腎臓に逆流して腎機能低下・排尿困難、余命3日と言われて入院しながら漢方薬を11月9日から服用している80代女性の息子さんが来局。漢方薬を服用して以来、どんどん元気になり、排尿痛もよくなっています。また、腎機能検査で入院の時の腎臓老化率は11%から今は20%まで改善され、貧血もよくなりました。

 昨日のブログに書くのを忘れましたが、すい臓癌で肝臓転移し抗がん剤治療を受けている60代男性は、9月から当薬局の漢方薬を服用し、抗がん剤の副作用がほとんど無く、肝機能もどんどん改善されています。例えば10月17日の肝機能のγGTP714、GOT33、GPT48で全部異常でしたが、最新の12月11日検査でγGTPは256、GOT15、GPT9まで正常に改善されました。

 癌の漢方薬は、内臓機能・造血機能・胃腸機能を強め、免疫力・体力・生命力を高める上で、癌を抑制します。もちろん、昔から癌が小さくなる漢方生薬は沢山あります。現代の研究や実験でどんどん証明されています。中国で開発された漢方薬の癌治療薬は、今アメリカで臨床実験を行っていることを以前のブログに書いたことがあります。
posted by 懐仁堂 at 17:56| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。