2017年08月31日

山形蔵王の野生のくだものの名前を教えて下さい!

 今朝、半袖で家から出たら寒い程涼しかったです。本当に涼し過ぎ!山形も同じでした。

 今日は大変な未成年の方の相談が多いです。10代の腫瘍手術後の男の子や、原因不明の高血圧で検査したら原発性アルドステロン症と診断された大学生の男の子、10代の子は定期的検査だけで再発の心配があり、大学生の子は今からホルモン剤を服用するより漢方薬を服用した方が良いとお母さんが考えています(ちなみに、お母さん・おじいさん・おばあさん・お姉さんが様々な病気で当薬局の漢方薬を服用したことがあります)。

 もう一人の若い患者さんは、昨年5月に腎臓癌リンパ転移で今年2月に腎臓全摘手術をしてその後抗がん剤治療を受けましたが、5月の検査で転移癌が大きくなって副作用も強く抗がん剤を中止して6月から当薬局の漢方薬を服用開始した20代の女性です。お母さんの話によると7月のCT検査で新しい転移・再発がなく、今までの転移癌は一切大きくなっていません。また、血液検査で肝機能がだいぶ改善されています。
 みんなまだまだ若いので、病気を克服して元気になって将来の夢を実現できればよいなと思います。したがって一生懸命応援したい気持ちでいっぱいです!

 ところで、例の蔵王の名前不明の野生の果物について、やっと今日山形からバスを降りて仙台店に通勤する途中でよく相談に行く仙台市の緑の相談窓口に行ってゆっくり写真を見せながら木の名前、実の特徴などを説明しました。男性職員二人が真剣に木の特徴・葉っぱの特徴・実の特徴を私に詳しく聞いて、実の味・皮が食べられるか・種があるか・柔らかいか・硬いかと職務質問されて、忠実に答えましたが20分位の取り調べの結果は、結果がない結果です・・・。さっぱり分からない。あまり時間もないし、次回ホンモノを持って来て3人で一緒に食べながら続けて研究しましょうと言いました。ここでもう一度写真を掲載しますので、全国の皆様でご存知の方に教えて貰いたいです!教えて頂いた方には、感謝の気持ちとして記念品を贈呈します。

【写真】謎の果物
謎の実@.jpg

謎の実A.jpg

謎の実B.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:44| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

嬉しい!お母さんの影響で5歳の子が漢方大好き

 まず、風邪はまだまだよくなっていません・・・。症状は横ばい。今日は子供達と会い、一日マスクをしっかり付けていました。

 一人は5歳の男の子で、今まで時々風邪や咳などで漢方薬を服用していましたが、1年半前から頭痛がひどくて1ヶ月の内20日間頭痛の時もあり、漢方薬で一日も早く頭痛を治したいとお母さんから言われました。「頭痛の漢方薬は結構苦い。」と伝えたら、「大丈夫です!漢方薬が大好き。本人から早く頭痛の漢方薬が飲みたいと言われて来ました。」とのことで、以前からお母さんが漢方薬を服用しているので、「お母さんの影響かな?」と聞いたら、「違います。」と言われ、そうすると生まれつきかな。取りあえず、嬉しいことです!

 もう一人の女の子とは会えませんでした。残念です。今日はお母さんと一緒に来なかった・・・。例のお土産の人形をあげて、お母さんが預かって帰りました。お母さんは漢方薬を服用して、今妊娠順調で8月15日に出産予定です。

 妊娠と言えば、結婚6年で不妊の30代半ばの女性は、昨年9月から体質改善の漢方薬を服用開始し、5月23日の病院検査で自然妊娠成功と診断されました!本当におめでとうございます!順調の妊娠、無事の出産を祈ります。

 今日は雨の中、山道を通って山形に行きました。素晴らしい山景色、雨曇、川滝、花を見ました(写真の通り)。もちろん、沢山の山の空気を吸いました。さまざまな鳥の歌を聞きました。今日から開通の笹谷峠を昨年秋末以来に通り、帰りに下記の言葉を考えました。

『瀟々煙雨 潺々流水 淡々山花 濃々新緑』

【写真】
笹谷峠1.jpg

笹谷峠2.jpg

笹谷峠3.jpg

笹谷峠4.jpg

笹谷峠5.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:18| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

明日出国

 あ〜、やっと只今仕事が終わりました。「正月前以来の久しぶりの忙しさ」と言ったら、スタッフからすぐ「昨日も忙しかった」と反論されました・・・。やはり、一年中でこんなに忙しいことは3回かなと思います。それは、正月前、GW前とお盆前です。

 今日は色んな難病の患者さん、癌の患者さんが来局。例えば、間質性肺炎の90代男性は、病院の治療薬がなく歩くと息苦しい・咳が止まらない・特に夜は咳で眠れなくなるそうで、娘さんの紹介で来局されました。
 
 よくなった患者さんも沢山居ます。例えば、平成25年から漢方薬を服用しているパーキンソン病の40代男性は、今は病院の薬を一切飲んでいません。疲れた時や緊張した時だけ手が少し震える以外、症状はありません。
 また、さまざまな症状と不妊症で2月17日から漢方薬を服用している30代女性は、体質改善の漢方薬で今は頭痛・めまい・むくみ・腰痛・耳鳴りが全部改善され、間違いなく妊娠しやすくなっていると考えられます。他に、夜尿症、難聴、血液難病の再生不良性貧血の方も症状や検査結果がよくなっています。

 今日は子供の患者さんが多いです。夜尿症の他にアレルギーや喘息・アトピーなど。新患の一人の中学生の男の子は、平成25年春から突然高熱が出て原因不明。4〜5日高熱が続き、関節痛・リンパ腫れ・だるいなどの症状もあります。最初は3〜4ヶ月に1度でしたが、だんだん頻繁に熱が出て今年は2〜3週間に1度になりました。病院からプレドニンを処方され、熱は下がりますが関節痛に効果が無く、更に発疹が出て症状が長くなりました。ちょうど平成27年から同じ熱の例があり(3月2日のブログに書いています。)、説明したらすぐ漢方薬を服用したいとのことで、今日から苦い漢方薬を服用します。本人に、焦らないで半年位続けると、体質改善の漢方薬は不思議に効果があると感じるはずと伝えました。

 明日から出国。無事の出国を祈ります。東京の税関で出国審査が通らなければ出国できないので、もちろん仙台に戻り皆と一緒に5月1〜2日は仕事をします。本当は仕事をしたいです。
ちなみに、私は9連休ですがスタッフ達は5月3〜7日まで5連休です。
posted by 懐仁堂 at 18:04| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする