2017年04月28日

明日出国

 あ〜、やっと只今仕事が終わりました。「正月前以来の久しぶりの忙しさ」と言ったら、スタッフからすぐ「昨日も忙しかった」と反論されました・・・。やはり、一年中でこんなに忙しいことは3回かなと思います。それは、正月前、GW前とお盆前です。

 今日は色んな難病の患者さん、癌の患者さんが来局。例えば、間質性肺炎の90代男性は、病院の治療薬がなく歩くと息苦しい・咳が止まらない・特に夜は咳で眠れなくなるそうで、娘さんの紹介で来局されました。
 
 よくなった患者さんも沢山居ます。例えば、平成25年から漢方薬を服用しているパーキンソン病の40代男性は、今は病院の薬を一切飲んでいません。疲れた時や緊張した時だけ手が少し震える以外、症状はありません。
 また、さまざまな症状と不妊症で2月17日から漢方薬を服用している30代女性は、体質改善の漢方薬で今は頭痛・めまい・むくみ・腰痛・耳鳴りが全部改善され、間違いなく妊娠しやすくなっていると考えられます。他に、夜尿症、難聴、血液難病の再生不良性貧血の方も症状や検査結果がよくなっています。

 今日は子供の患者さんが多いです。夜尿症の他にアレルギーや喘息・アトピーなど。新患の一人の中学生の男の子は、平成25年春から突然高熱が出て原因不明。4〜5日高熱が続き、関節痛・リンパ腫れ・だるいなどの症状もあります。最初は3〜4ヶ月に1度でしたが、だんだん頻繁に熱が出て今年は2〜3週間に1度になりました。病院からプレドニンを処方され、熱は下がりますが関節痛に効果が無く、更に発疹が出て症状が長くなりました。ちょうど平成27年から同じ熱の例があり(3月2日のブログに書いています。)、説明したらすぐ漢方薬を服用したいとのことで、今日から苦い漢方薬を服用します。本人に、焦らないで半年位続けると、体質改善の漢方薬は不思議に効果があると感じるはずと伝えました。

 明日から出国。無事の出国を祈ります。東京の税関で出国審査が通らなければ出国できないので、もちろん仙台に戻り皆と一緒に5月1〜2日は仕事をします。本当は仕事をしたいです。
ちなみに、私は9連休ですがスタッフ達は5月3〜7日まで5連休です。
posted by 懐仁堂 at 18:04| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

新年を迎えるため心身一新

 今日は当薬局最後の営業日です。明日から正月前前半の3連休でゆっくり休んで一年間の疲れを取り、元旦後の3連休で心身一新して新年の仕事を頑張る予定です。ここでまず、今年一年間をスタッフ達に感謝します。皆さんお疲れ様でした!もっと休みを長くして2週間とか1ヶ月位休みをあげたいところですが、一身上の都合で無理かな。そして、やはり全国から沢山の患者さん達の当薬局に対しての信頼に感謝いたします。皆様のご健康を引き続き守ると同時に、新しい一年の皆様のご健康と幸せを祈ります。

 今日は予定通り午前中12時までは福島店の仕事、11時半過ぎに写真1の通りワインで乾杯しました。その時、東京からの間質性肺炎と血小板減少性紫斑病の2つの難病、5〜6年前から肝機能異常の70代男性患者さんが来局。止むを得ず乾杯を中断しました・・・。
 でも、患者さんの昨日の検査結果を見たら、とても嬉しくなりました。10月から漢方薬を服用していますが、肝機能がよくなっただけではなく、血小板数値は7万から8万1千に改善、更に間質性肺炎のマーカー値など6項目が半分以上正常値になりました。

 その後も、いつも一緒に仲良く来局されるラブラブのご夫婦が来局。ご主人は漢方薬を服用して症状がとてもよくなり、「毎日走る」と約束したこともちゃんと守っているので、私から特別な「説教」はありませんでした。しかし、一つだけ文句があります。奥さんと一緒に走ると言っていたのに、最近奥さんは全然走っていないらしいです・・・。


 お昼用の寿司をスタッフ達が冷やすため、薬局裏の自転車の前かごに置いていました。その3人分の寿司を盗撮した後(写真2)、私用の子ども以上大人未満の寿司を持って走り、12時17分の仙台店へ帰る新幹線に乗りました。写真3の通り、新幹線の中でゆっくり美味しいお寿司を食べましたが、ワインもビールもありませんでした・・・。

 今日はよくなった患者さんが沢山居ます。東京からの難病の患者さんの他に、腕湿疹で全身痒みがあり、両目の周りにいぼが沢山ある20代女性が居ます。4ヶ月前から当薬局の漢方薬を服用していて、今日本人の前で4ヶ月前の写真と比べたら、腕も目の周りのいぼもよくなっています。本人に確認したら、腕と全身の痒みは7割以上よくなり、目の周りのいぼも3〜4割減ったと言われました。本人はとても喜んでいて、特に漢方の不思議な効果に驚いています。何故なら、この方は薬学部の学生です。


 仙台店に戻ると、やはり少し希望がみえてきた症状の患者さんが居ます。今年6月に怪我をして右目が視力0で一切見えなくなった8歳の子は、大学病院でも感覚が無いと診断されて、3週間の治療を受けましたが回復しなくて8月20日から当薬局の漢方薬を服用開始しています(多分その日のブログに書いていると思います)。
4ヶ月間一生懸命苦い漢方薬を服用し、12月21日の大学病院の眼科検査ではあまり変わりありませんでした。でも、本人から最近強い照明を見ると、少し光が見えると言われました。やはり間違いなく効果はあると思います。元旦の初日の出は見えないかも知れませんが、これからきっとキレイな世界が見られると思います。

 只今5時。最後に北海道の患者さんから検査結果の報告の電話をもらいました。一応、以上今年の仕事は全部終了しますので、今写真の通り表具屋さんが干支の絵の飾り付けをしていて(写真4)、仙台店も少しお茶で乾杯する予定です。

 おかげ様で今年も1年間たくさんの皆様と縁を結ぶことができました。
 来年も良い年となることを願っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

【写真1】スタッフと乾杯!
IMG_3381.jpg

【写真2】自転車かごで冷やしている寿司。
IMG_3384.jpg

【写真3】帰りの新幹線で食べました。
IMG_3385.jpg

【写真4】干支の絵。
IMG_3387.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:10| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

子どもの視力が改善

 昨日の天皇誕生日の祝日のおかげで、今日はとても忙しかったです。疲れて悲鳴をあげるスタッフも数人居ますが、スタッフの一人から「過労!」と言われました・・・。気持ちが複雑です。いずれにしろ、私の不徳の致すところです。

 沢山の患者さんの中に、同じく悲鳴の患者さんも居ます。
20代から尿蛋白+で、40代から腎機能低下で治療を受けている今70代の男性は、今クレアチニン値が6でそろそろ透析準備と主治医に言われた、と再来局されました。また、20代男性は、小学4年生の時に目の難病の網膜色素変性症と診断され、眼科の治療を受けていますが今年7月から更に悪化、今の視力は左目0.03、右目は0.01でほとんど見えません。
 当薬局の漢方薬を服用している男性の20代の息子さんは、10日前にインフルエンザ予防注射を受けて、次の日から40度の高熱が出たとのこと。今も38度の高熱が続き、頭痛・腹痛・筋肉痛がありますが、年末で忙しく仕事も休めません。予防注射を受けた病院で診察を受けると、「予防注射とは関係ない」と言われたそうです。仙台のご両親が心配して至急に漢方薬を送るそうです。

 今年11月18日と21日のブログに書きましたが、日本人の奥さんの勧めで当薬局の漢方薬を服用開始した30代男性は、アメリカでも韓国の漢方薬を服用してもよくならない下痢・腹痛・めまい・冷え・風邪を引きやすい・イライラ・不安・頻尿などの症状があります。ブログに書いた通り、アメリカに帰る前に症状がよくなって、今日突然奥さんと来局。昨日また仙台に来たそうで、とても元気そうな顔です。間違いなく、アメリカに持って行った漢方薬を1ヶ月間続けて服用しています。

 今日一番嬉しいことは、お父さんとお母さんが当薬局の漢方薬を服用している7歳の男の子のこと。秋に急に視力が低下し、11月19日の視力検査では右目0.8、左目0.4でした。自分でも物が見えにくくなっていると感じていて、病院の目薬はありますがなかなか効果が無くて、11月26日から当薬局の漢方薬を服用開始。12月22日の検査で右目0.9、左目0.7まで改善されています。男の子はとても喜んでいて、しばらく頑張って苦い漢方薬を続けて飲むと言いました。

 これから学会参加に行きます!もちろん、今日の講演発表は終わりましたが、懇親会には間に合います。ちなみに、東北大学医学部教授が会長の第20回日本統合医療学会は、9年ぶりに仙台での開催です。明日朝9時の講演を聞きに行く予定です。
 ちなみに、私個人の気持ちとして、学会はできるだけ仙台ではない場所で開催して欲しいです。何故なら、他の場所だったら私にとってついでに観光できますから。例えば、昨年12月は山口県で開催され、観光もできたし、ふぐ料理も食べました!
posted by 懐仁堂 at 18:03| 子供の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする