2017年10月06日

元気な男の子が産まれた!

 今日は新患が多いです。やはり、皆さん沢山の薬を服用しています。
 例えば、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の70代男性は、昨年8月に肺炎になった後に症状が悪化。血液検査で痛風、肝機能異常、動脈硬化で8種類の薬を服用しています。
 もう一人の特発性間質性肺炎の70代男性は、呼吸器科と内科の薬を合わせてなんと17種類服用しています。もちろん、副作用が強く下痢、吐き気、肝機能異常にもなっています。
 お二人共、今日から漢方薬を服用開始します。

 今日は、検査結果や自覚症状がよくなっている患者さんが沢山居ます。
 一番嬉しい患者さんのことは、不妊治療を繰り返し失敗した後、漢方治療で一人目の娘さんを出産した30代女性のこと。一昨年末から二人目が欲しい(もちろん男の子が欲しい)と、また漢方薬を再開して今年1月に見事に自然妊娠成功。すぐ流産予防の漢方薬に変えて9月4日に2,700gの元気な子が産まれました。もちろん、男の子!私も嬉しい!本当におめでとうございます!

 最後に、今日の朝日新聞で腎臓の研究結果が報道されました。本当に素晴らしい研究結果。皆さんに是非読んで欲しい、腎臓を大事にして欲しい、塩分を減らして欲しいです。

今日の朝日新聞朝刊に掲載記事を抜粋。
IMG_7746.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:01| 不妊と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

不妊の患者さんが多い

 疲れました。眠いし、声が出ません。今、喉が痛くてカラカラです。原因は、新患の患者さんが多くて話すことも多いし、午後の勉強会では1時間半の話とたくさんの質問もいただき・・・。これから選挙戦で立候補する政治家の毎日の街頭演説を考えると喉は大丈夫かなあと心配しています。

 今日は不妊症の方が多いです。新患の一人は20代からお子さんを希望していましたがにご主人はまだ欲しくなくて、今奥さんが40歳になってご主人は子どもが欲しくなったそうです。これから不妊治療を受ける予定ですが成功率を高めるために体質改善の漢方薬を服用開始しました。
他の2人の方は成功者です。ひとりは平成27年3月から体質改善の漢方薬を服用して、生理不順・生理痛・不安・不眠・風邪を引きやすい・頭痛・耳鳴り・胃痛など様々な症状が改善されました。不妊治療を繰り返し失敗しましたが、先週妊娠成功が判明しました。40歳を過ぎているので今日から流産予防の漢方薬に変わりました。
 もう一人の30代の女性は、平成26年8月から体外受精・顕微授精を繰り返し失敗した後当薬局の漢方薬を服用して妊娠成功して、平成27年7月に3000gを超える元気な男の子を出産されました。1年前から第二子が欲しくて昨年から2回顕微授精しましたが、失敗してやはり体質改善の漢方薬を服用した方が良いと思って今日からまた漢方薬を再開しました。

 今日はラッキーな患者さんがいます。大変ひどい咳と痰で、昼も夜も咳・痰がひどくて漢方薬も服用したいし、勉強会も参加したくて昼に来局しました。また薬局に来ると大変かなと思って30分の昼休みを10分にして対応して、さらに一緒にタクシーで勉強会の会場に行きました。帰りもまた同じくタクシーで薬局に戻り、ちょうど漢方薬が出来上がって持ち帰りました。大変ラッキーかなと思います。タクシーもちょうど定員で、無駄がありません!
posted by 懐仁堂 at 17:57| 不妊と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

止むを得ず、一時的に大好きな日本を離れます

 実は一身上の都合により、明日から4月1日まで、止むを得ず大好きな日本を一時的に離れ海外に行く予定です。月末で年度末なのに・・・。仕事に影響して皆さまにご迷惑をおかけするだけではなく、これから花咲く美しい春の8日間の花見もできないし、国会劇場の鑑賞もできない・・・。大変残念、大変悔しいです。

 従って、今日はとても忙しいです。
 記憶に残っている印象深い患者さんのことは・・・
@
 人工授精、体外受精など不妊治療を繰り返し失敗し、生理不順になり(半年無い時もある)、手足のむくみ、腰膝痛、耳鳴りの40代女性は、昨年11月に不妊治療を中止し、当薬局の漢方薬を服用して妊娠成功した方からの紹介で当薬局の漢方薬を服用開始。今、腰痛・膝痛・耳鳴りは改善され、3月4日に半年ぶりに自然に生理がありました。本人は涙が出るほど喜んでいます。
西洋医学で出来ないことは、体質改善の漢方薬で出来ます!

A
 多分、3月2日のブログに書いていると思いますが、イライラ・不安・不眠・頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・息切れ・動悸・腹痛など全身のさまざまな症状で悩んでいて、精神科の睡眠薬・精神安定剤などを多種類服用してもよくならない40代女性が来局。2週間漢方薬を服用し、本人はさまざまな症状の改善を感じて喜んでいます。例えば、味覚・吐き気・腹痛・頭痛・不眠などがよくなり、特に睡眠薬が無いと眠れなかったのが、今は睡眠薬が無くても漢方薬だけで睡眠が改善されました。ちなみに、漢方薬を飲む日から本人の強い意志で精神科の薬は全部やめました。

BCDEFG・・・について、記憶がほとんど無く思い出せません。
 パーキンソン病で50代から当薬局の漢方薬を服用している男性は、仕事を定年できたほど、パーキンソンの症状はあまり進行していません。昨年末で定年になり、更に元気になりましたが、毎日家に居ると奥さんと喧嘩ばかりで困っているそうです。

 帰国直後の4月2日に講演会があり、スライドは海外で作成する予定です・・・。
では、行って来ます!
posted by 懐仁堂 at 17:38| 不妊と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする