2017年11月09日

冬の養生をしましょう!

 今日は山形も仙台も新患の患者さんが多いです。不眠症の30代の女性、不妊症・内膜症・膠原病を同時に持っている30代の女性、乳ガン手術後リンパと皮膚・筋肉に転移の70代の女性、膀胱ガン手術後尿管転移で余命を言われた80代の女性など。みなさんずっと病院の治療を受けていますが、なかなか良くならなくて家族や親戚・友人の紹介で当薬局に来局された方が多いです。その中でもっと早く漢方を併用すれば良かったと言われる方もいます。
 山形の最後の予約の患者さんは午後二時でしたが、病院の治療が長期間に渡り検査結果も薬も多くて、1時間くらいゆっくりお話を伺いました。走って3時15分の仙台行のバスに乗って、仙台に入ってから渋滞もあり、仙台のバス停に着いたのは4時30分。急いでタクシーに乗って結局仙台店で4時の予約の方を40分待たせてしまいました。大変申し訳なかったです。

 ご存じの通り立冬は11月7日。2日間経ちましたが、少し冬の養生を書きます。みなさん一緒に冬の養生をしましょう!

@睡眠と運動
 冬の漢方の養生法と言えば、一文字「蔵」です。「蔵」の意味はできるだけ朝と夜は出かけないということです。朝はできるだけ遅く起きて出かける、夜は出来るだけ早く家に帰って寝ましょう。
 運動もできるだけ昼前後にしましょう。太陽を浴びることも必要ですし、日中の方が気温も温かいです。

A食事
 漢方の冬の食事について一つめは腎臓を強めること。二番目は血流を良くすること。したがって、料理は鍋の料理が一番良いです。肉も必要です。腎臓を強くする・体を温めるのに一番良いのは羊の肉です。次は鶏、三番目はキノコ。また、体を温めるために生姜やネギを多く食べた方が良いです。

B血流
 血流を促進するために足湯と足裏マッサージが一番効果的です。足が一番血流が悪く一番疲れるところなので、お風呂の他に是非足湯を取り入れて下さい。

 肉といえば中国でことわざがあります。四本の足のものより、二本足のものが良い。二本の足のものより一本の足のものが良い。四本の足、二本の足のものは皆さん分かると思います。例えば、羊や豚は四本の足。鶏やアヒルは二本の足。では、一本の足のものはなんでしょう?答えは明日にします。気になって眠れなくなったら大変申し訳ないです。でも、明日にします!
posted by 懐仁堂 at 18:11| 漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

秋の食事療法 漢方薬で医療費削減!

 今日の河北新報では、ビックデータの解析で漢方薬で医療費削減が発表されています(写真1)。我々の税金を削減するため、是非皆さんこの記事を読んで下さい。

 昨日のブログに書いた通り、ノーベル賞受賞のオートファジーを利用して、生活習慣病、パーキンソン病、認知症等の患者さんだけではなく、断食を取り入れれば成人病予防効果を高められ、更に医療費も削減できます。

 昨日のブログに書き忘れましたが、友人の80代のお母さんは、今11種類の薬を服用しています。また、福島の90代男性は、6月から3ヶ月間入院してもさまざまな症状は改善されず、腸閉塞、おしっこが出ない、息苦しい、うつ状態などさまざまな症状が改善されていません。この患者さんも10種類以上の薬を服用しています。入院する前に慢性腎不全で当薬局の漢方薬を3ヶ月間服用し、どんどん上がっていたクレアチニン値は2.25から1.78まで改善されています。


 ところで、今日は気温が下がり秋らしくなりました。ご存知の通り、秋は肺が弱くなる季節です。これから気管支炎、風邪、肺炎などになりやすいため、ここで秋の肺を強める食材を教えます。

 @レンコン A落花生 B山芋(長芋) C百合根 D梨(洋梨より和梨が良い)

 生で食べるより、煮たりお粥にしたりスープにして沢山食べて下さい。補肺潤肺 止咳 化痰 効果があります。

【写真1】
IMG_1897.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:59| 漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

漢方で体質改善

 今朝も昼も、ただ(無料)の福島のももを数個食べました。在庫はどんどん減っています・・・。

 只今、スタッフの一人から「先生の携帯が鳴っています。」と言われて、隣の隣の隣の部屋に行くと、本当に私の携帯に着信していました。外の車の音もあるし、薬局内のラジオの音もあり、正直に言うと私は全然聞こえませんでした・・・。やはり、30代の耳と50代の耳は結構違うようです。耳に自信あるのに、もう老化!?

 今日は結構忙しく、新患さんも多いです。やはり、病院を転々としてもよくならない患者さんが多いです。例えば、一人の60代女性は、3年前からめまいで耳鼻科3ヶ所、脳神経科2ヶ所を転々として、薬を服用しても改善されません。今はめまいの他に頭痛と耳鳴りと不眠もあります。甲状腺の病気もあり、7種類の薬を服用しています。

 大きい病気ではないさまざまな症状の患者さんは、体質改善の漢方で結構よくなります。例えば、50代男性は、喉のポリープを2回手術後、ずっと喉に違和感、喉の痛み、声枯れ、咳、他に1年中花粉症もあり、逆流性食道炎もあります。8月18日から当薬局の漢方薬を服用し、今日本人の話によると、喉の痛みは2週間前からよくなり、胸の圧迫感、喉の違和感が軽くなっています。更に、花粉症の症状もよくなっています。

 明日からお盆以来の2連休ですが、薬局スタッフの一人はなんと5連休だそうです!何故5連休にできる?羨ましいです!!
 ちなみに、19日に「第2回仙台中秋明月祭」があり、手書きの受付の貼り紙や展示会の幕などなど、今晩から準備活動に入ります。
posted by 懐仁堂 at 18:02| 漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする