2017年08月22日

1ヶ月半の漢方薬でクレアチニン・尿素窒素・尿酸すべて改善

 今日も仙台は雨・曇りですが、山形でまた太陽を朝と昼に30分位浴びました。やはり、最近体全体の湿度が高いです。昨日の夜、シャワー前に両耳を掃除したらいつもは乾燥して固い耳カスが本当に柔らかくて軟便みたいに不思議に流れるように出てきました。ラッキー!
 今日は本当に良くなった患者さんが多いです。ご主人が胆管がんと診断されて腹水もあり、手術できなくて2週間で亡くなった50代の女性は、がん手術後すぐ当薬局の再発転移予防の漢方薬を服用して3年になりますが、今も再発転移はなく喜んでいます。

 また、昨年5月からひどいめまいで歩くことも困難な70代の男性は、病院を転々としても1ヶ月の入院治療をしても良くならなくて6月から当薬局の漢方薬を服用しています。今日は自分で車を運転して来局できるまでになって、ご本人の話によると激しい動きをした時少しめまいがありますが、90%以上よくなったと言われました。実はこの患者さんは数年前から腎機能がどんどん悪くなって今はクレアチニン2.4以上で2年以内に透析と言われました。めまいの漢方の効果を著しく感じて、今日から腎機能改善の漢方薬を服用開始しました。腎機能が改善されることは期待できると思います。
 なぜなら、たくさんの様々な病気で腎機能が悪くなった方も改善されているからです。例えば、7月1日から当薬局の漢方薬を服用している25年前から痛風で、今尿素窒素・クレアチニン・尿酸値がすべて高い60代の男性から今日喜びの手紙が届きました。最新の8月18日の血液検査で尿素窒素は17.7、クレアチニンは0.99、尿酸6.5、eGFRは58.2で全て正常値に改善されています。しかし、漢方薬を服用する前は病院の薬を5種類服用してもどんどん悪化して、漢方薬服用前の4月30日の検査で尿素窒素は19.3、クレアチニンは1.20、尿酸は9、eGFR47.1でした。特にご本人の手紙の中に書いてある通りに、ずっと尿酸を抑える薬を飲んでいたのに最近の3年間の健康診断で尿酸は7.0、8.0、9.0までどんどん悪化していましたが、1ヶ月半で尿酸の数値が正常値の6.5まで改善されて驚いています。今も夢みたいに信じられないとご本人はおっしゃっていました。ご本人の了承を得て、喜びの手紙を掲載します。
 
 今日も難病の患者さんが多いです。一人の5月から入院治療中の肺の難病の間質性肺炎の50代の女性のご主人が中部の病院から電話があり、入院治療をしていますがどんどん悪化していてなんとか助けて欲しい、一日も早く入院しながら漢方薬を服用したいとお願いされました。様々な全国の漢方薬局に電話で問い合わせしたそうですが、当薬局が信頼できると言われて大変責任を感じています。話によるとこの女性のお母さんも妹さんも肺の難病があるみたいでやはり家系的に肺が弱いかなと思います。昔から伝統的な肺を強くする漢方薬で現代の肺の難病を改善することを願っています。
posted by 懐仁堂 at 17:53| 腎臓の病気と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

漢方で80代の腎不全の患者さんの腎機能も改善

 ただいま今週の仕事は一応終わりましたが、今日のブログは何を書けばよいかと、頭が混乱しています。認知症はもう発症していますし・・・。今晩仙台七夕の前夜祭の花火大会もあるし、明日は七夕もあるし、東北歴史博物館の漢字三千年展も見たいし(あとは時間がとれません)、9月1日懐仁堂仙台店16周年記念日をどう記念すれば良いか悩んでいるし・・・。
 
 患者さんのことについて、唯一まだ記憶にある・覚えていることは、平成6年に前立腺手術後、尿管結石、前立腺がん放射線治療の後、腎機能がだんだん悪化して高血圧・貧血もあり6種類の薬を服用している80代の男性の事です。この男性は6月7日から当薬局の漢方薬を服用して、7月8日の検査でクレアチニンが改善されたことに続いて、8月3日の検査でもさらに改善されて喜んでいます。例えば漢方薬を服用する前の腎機能のクレアチニンはどんどん上がって、平成28年12月には1.17、平成29年3月は1.25、6月1日は1.36でしたが、7月8日の検査では1.18、8月3日は1.09まで改善されています(ちなみに8月3日に病院を受診の時、主治医に漢方薬を服用していると言いましたが、関心は一切ないみたいです)。この患者さんの住所をちょっと脇見したら県北の○○町の○○字で、留学生の時に私がホームステイした方の住所と近いかなと思って、「○○さんを知ってますか?」と聞いたら、「もともと役場の○○さんは私の上司でした」と言われて、二十数年前に毎年あやめ祭りに合わせて中国人留学生をホームステイに招待していたと言われました。何か縁があるかなと思います。懐かしかったです。今も時々このホームステイの方に会いに行っています。
posted by 懐仁堂 at 17:48| 腎臓の病気と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

8ヶ月の漢方で難病の重症筋無力症の症状が改善

 今日は難病の患者さんが多いです。
 多発性硬化症の40代女性(平成28年1月から当薬局の漢方薬を服用し、風邪を引きやすいことが改善。症状の進行は遅いです。)、再生不良性貧血の50代男性(平成26年2月から漢方薬を服用し、完治するほど白血球・赤血球・血小板・ヘモグロビンは正常値になっています。また、漢方薬を服用前の肝機能・腎機能異常も改善。今は病院の薬は全部止めています。)、パーキンソン病の50代男性(平成19年から当薬局の漢方薬を服用し、改善された症状もあり改善されていない症状もありますが、元気に仕事ができています。)などなど。他に癌の患者さんも結構居ます。

 数年前から重症筋無力症と診断された70代男性は、昨年10月から当薬局の漢方薬を服用開始。今日は本人と奥さんが来局されました。以前、左目の瞼のしだれで視野は4分の1しか見えなかったことは改善されています。不眠・無呼吸・不整脈・膝痛も改善され、また3年前に髄膜炎になり脳のMRI検査で脳に白い陰があった所が5月の脳MRI検査では陰は随分小さくなっていると主治医から言われました。ご夫婦はとても喜んでいて、「漢方はとても不思議」と言われました。関西に住んでいる発達障害の10代のお孫さんにも漢方薬を勧めたいとのことでした。

 新患さんの中に、さまざまな腎臓病の方が多いです。十数種類の薬を服用している慢性腎不全の80代女性や、高血圧・高尿酸で腎機能低下の50代男性や、遠くから朝一番の飛行機で来局されたIgA腎症の疑いがある小学生の男の子など。

 昨日、友人から細い筍を4本もらいました。それを煮て、夜と今朝パンダのように出来るだけ無駄にしないように食べました。そうすると、朝と午前中のおしっこはキレイな緑色でした。ちなみに、全然美味しくなかったです・・・。美味しい食べ方があれば、どなたか教えて下さい!
posted by 懐仁堂 at 17:45| 腎臓の病気と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする