2017年06月02日

潰瘍性大腸炎の男性は再発がない

 最近、度々一身上の都合でブログを書かないことが多く、大変申し訳なく思っています。

 今日は、とても嬉しいこともあれば悲しいこともあります。
 嬉しいことは、なかなかよくならない患者さんや諦めた患者さんが当薬局の漢方薬で検査結果や症状が改善されたこと。
 例えば、半年ぶりに来局された60代男性は、平成23年に潰瘍性大腸炎を診断され、病院の薬を4種類服用していましたが、平成27年5月の大腸検査で炎症が広がってまた薬が増えると言われました。平成27年6月から当薬局の漢方薬を服用し、3ヶ月後の9月には下痢や血便が減り、1日5〜6回の下痢も2回までに改善され、夜のトイレも2回から0〜1回までに改善されました。1年後の平成28年6月の検査で腸に炎症が一切無く、病院から『ほぼ完治』と言われました。その後は病院の薬を完全に止めて、平成28年10月まで漢方薬を服用し、今日は引越し後の挨拶としてわざわざ来局。もちろん、再発の症状は一切ありません。今年5月の大腸検査でも炎症や充血も一切ありません。主治医は、漢方の潰瘍性大腸炎の効果に感激しているみたいです。

 悲しいこともあり、もちろん私や当薬局とは関係ありませんが、50代女性は昨年7月から胃腸が悪くなり、食べると下痢になり、ずっと通っていた病院では風邪と診断され、8月にとても体調が悪くなり今度は喘息と診断されました。9月に別の病院では過敏性腸症候群と診断され、更に食欲不振・不眠・うつ状態になり、また検査を受けたら逆流性食道炎とストレス性腸炎と診断され、その時にはもう10s痩せて9月末に血便が出ました。検査を受けたら病院から腸の荒れと言われました。その後、更に全身症状が悪化して10月にやっと別の病院で進行性大腸癌を診断され、リンパ転移もあり手術をして抗がん剤治療を受けました。今は内科から精神科まで6種類の薬を服用してもイライラ・不安・不眠・めまい・動悸・息苦しい・耳鳴りの症状もあり、癌の再発転移も心配しています。ご両親とご両親の兄弟に6人大腸癌や食道癌の方が居ます。
 2〜3ヶ月で10s痩せたことや胃腸の症状や癌家系を考えると、消化器の癌や大腸癌の可能性が高いと考えられます。早くに診断されず、今でもとても悔しいです。
 ちなみに、最初に風邪・喘息と診断した病院は、とても有名な消化器の病院だそうです。

 只今、先日超高齢(90歳超え)で骨折し、痛みでとても大変だったスタッフのお母さんについて、「その後、どうですか?よくなりましたか?」とスタッフに聞いたら「おかげさまでよくなりました」と言った後、先日関東に居る弟さんが来たけどすぐ帰り、その後よくなったかどうかの電話が一本も無かったそうです。「どうなったかも聞かないし、ずっと看病していた私に感謝も無い。侯先生でさえ時々どうなったか聞くのに!」と言われました・・・。この話について、特に感想はありません・・・。
posted by 懐仁堂 at 17:36| 腸の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

1ヶ月半の漢方で食事が摂れない程胃腸が弱い症状が改善

 今日、仙台はこの冬初めてのまとまった雪。山形の仕事に車で行く途中、山の雪を鑑賞しました。写真の通りキレイな雪景色。

【写真】キレイな雪景色
雪景色@.jpg

雪景色A.jpg

雪景色B.jpg

雪景色C.jpg

雪景色D.jpg

 今日の患者さんは全員家族や友人の紹介の方でした。例えば、30代から全身湿疹・かゆみで皮膚科の治療を受けていましたがなかなか良くならず、○○大学病院の免疫科を紹介されましたが原因不明で仕事にも影響して大変悩んでいる40代の女性は、平成24年4月から漢方薬を服用開始しました。4ヶ月後、湿疹とかゆみはほとんど良くなって、平成25年9月皮膚の症状はすべて改善されました。
 この女性のお父さんは、5〜6年前から胃腸が弱い、便秘などの症状で5〜6種類の薬を服用しても良くならず、病院の検査で大きい病気もありませんが、昨年7月からさらに悪化してほとんど食事が摂れない、食べると腹痛や下痢で2〜3時間苦しくて寝たままの状態になり、体重は50kgから40kgから減少して、2日に1回の点滴を受けなくてはなりませんでした。その他に貧血、尿酸値異常、ときどきじんましん、不眠、頭痛、イライラ、不安など様々な症状があり、昨年11月末から漢方薬を服用しています。1ヶ月半、胃腸機能を高める漢方煎じ薬を服用して今日ご本人と奥さんに症状を確認したら、おかゆを食べられるようになっただけではなく、頭痛、睡眠、便秘と下痢を繰り返す、じんましんなどが改善されています。体重も少しずつ戻って、食べ過ぎるとお腹が苦しくなりますが、横になっている時間も2〜3時間から1時間まで短くなって症状も軽くなっています。ご本人と奥さん、娘さんは大変喜んでいますが、ご本人から漢方は不思議と笑顔で言われました。

 久しぶりに昨日の夜2時半ごろ目が覚めました。トイレに起きたのでもないし、30分後また眠れましたが原因不明です。全然気にしません!年に1回か2回しかない事なので。
posted by 懐仁堂 at 17:50| 腸の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

私のナンバーワンの友達からハロウィン飾りを貰いました

 今日は寒くて忙しくて、新患さんが多くて体より喉が疲れました。ガラガラ・・・。

@午前中一気に新患さんが3人(中年以上の女性2人、男性1人)来局。3人とも知り合いで親しいそうですが、関係は不明。男性は、肺線維症、肺硬化症、肺癌の3種類の難病で苦しんでいます。1人の女性は数十年前からひどいリウマチで、指は鶏の足のように関節変形して痛くて曲がらないし伸ばせません。漢方で少しでも検査結果や症状が改善することを願っています(ちなみに、十年以上前ですが、70代の両手変形のリウマチの患者さんは、関節の太いところの変形も完全に取れ、伸ばせるようになった例があります)。

A午後に、大変な70代の女性患者さんが来局。癌の再発予防と間質性肺炎の漢方薬を服用してよくなっていますが、うつ病の息子さんのことで悩んでいます。
 昨年6月から家から一切出なくなり、散歩も電話も出来ない、人に会わない、お母さんに暴力、止むを得ず仕事も今年辞めました。それだけではなく、2週間に一度の心療内科の診察のため、前日の4時から1時間並んで予約、次の日にまた1時間待って診察を受けます。また、役所や保険会社などの手続きが色々あるそうです。ご家族が2人なので、「手伝ってくれる親戚は居ますか?」と聞いたら、親戚も居ないそうでとても疲れていました。(私も時間があれば手伝いに行こうかなと思っています。)

B平成24年から潰瘍性大腸炎を診断され、平成27年から当薬局の漢方薬を服用している60代男性は、半年間の漢方薬で血便など全ての症状がよくなり、漢方薬1ヶ月分で3ヶ月間服用するよう減量し、8月に1年ぶりの検査でほぼ完治と診断されました。本人はとても喜んでいて、主治医はビックリしていたそうです。夜のトイレが近いので、今日から漢方薬が変わりました。

 ところで、写真1〜2のとおり、10月14日(のブログに書いています)に私のファンになってくれた女の子がお母さんと一緒に来局。ハロウィンの手作り飾りとプリンを持って来てくれました。飾りは習い事で手作りし、プリンは私のために選んでくれたそうです。お母さんから「懐仁堂に一緒に行きたいと言われて、保育園を早めに帰って来ました。」と言われ、とても嬉しくて感動。初めて“チュープリン”をチューしながら食べました。一番仲が良い女の子を選ぶなら、この可愛い女の子かなと思います!今日から薬局のカウンターの一番目立つ所に飾っています。
 ちなみに写真3は、花のプロの女性から頂きました。こちらも素敵なので一緒に並べて飾ります。

【写真1】
*マヨネーズではなく、チュープリンです。
ハロウィン1.jpg

【写真2】
ハロウィン2.jpg

【写真3】
ハロウィン3.jpg

【写真4】
ハロウィン4.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:02| 腸の病気と漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする