2016年03月23日

長年頭痛の男性は、春の頭痛発作がなくなりました!

 月曜日は祝日で休みだったので、昨日福島店から「水曜日は忙しいですよ!」と警告されていたので、いつもより早く福島店へ行きました。しかし、鍵を忘れて入れなくて、薬局前の花を鑑賞しました。写真の通り、梅は花が終わりましたが、サンシュユと日向ミズキと雪柳が満開です(下の写真3枚)。2本の牡丹は蕾が大きくなり、10年位の年数の牡丹は蕾が4つなのに、2年前に植えた牡丹は蕾が6つ。これから牡丹が咲くのを楽しみにしています。

 ところで、朝一番にスタッフよりも先にパソコンのメール確認をしたら、意味不明なメール・・・。「あれ?これ何?」と思いました。以下はメールの内容です。

スタッフの文
『連休中の浅草はお祭り騒ぎ並の、すっごい人混みでした(汗)
とある店の一角、軒下でビックダディがマッサージ1000円で商売してました\(◎o◎)/!
「頑張って下さい!」と言ったら…「お前も頑張れよ」と言われました。。。
では、○○へ明日発送、明後日AM着でお送り致します。
ご無理なさらず、お大事にして下さい!』

患者さんからの返信文
『ビッグダディ‼️そうそう、浅草にいるんですよ😆
あと、小島よしおが普通にスーパーで買い物してます😁
浅草は住みやすいのかも。
芸能人だからって特別扱いしないし😆
○○も下町でいい感じですよ👍

三社祭は・・・
ものすごい人ですよ〜
怖い人だらけ〜』

 このスタッフへ職務質問をする前に、スタッフから「土〜月に東京へ行って来ました。」と申告がありました。浅草で偶然ビックダディに会ったみたいです。「実は私も日曜日と月曜日に東京に行きました。」と言うと、スタッフから「なんだべぇ!知っていたら会えたのに。」と言われました・・・。

 今日は忙しく、新患さんも多いです。
 昨年8月に過労で脳出血で倒れた、今半身麻痺の44歳女性(話によると一人で2〜3人分の仕事をしていたそうです。未だに仕事復帰出来ない状態です。)、小さいころから夜尿症で病院治療も効果がなく、3ヶ月後に修学旅行で焦っている中学生の男の子や、前立腺癌・多発性骨髄腫・痛風・腎不全の70代男性(数えられないほどの薬を服用していますが、2年前から腎不全になり昨年から癌になりました。)

 良くなった患者さんも沢山居ます。
 例えば、平成24年当時80歳で昼も夜もトイレが近い(昼は15回以上、夜は7〜10回。計算すると昼夜ほぼ1時間に1回。)の男性は、一生懸命漢方薬を服用して徐々に改善されています。本人の話によると、今昼は2時間に1回、夜は3〜4回になりました。84歳の年齢からみるととても良い効果かなと思います。
 よくなって一番喜んでいる患者さんは、十数年前から頭痛で昨年10月から漢方薬を服用している40代男性。お母さんの話によると、漢方を服用して以来、特に春にひどい発作の頭痛は今日まで1回もありません。しかし、漢方薬を服用前は年に3〜4回発作があり、いつも薬が効かない時、注射や点滴で1ヶ月間仕事を休まなければなりませんでした。漢方薬を服用直前は、病院の注射や点滴も効果がなかったそうです。この時は薬がどんどん増えて20種類以上の薬を服用している息子さんを見て、とても心が痛かったそうです。(以前何度かブログに書きましたが、当薬局では400年以上前の明の時代の頑固な頭痛・全ての頭痛に効く漢方薬を生かしています。この漢方薬を服用して本当に全ての頭痛の患者さんが改善されています。なかなか頭痛がよくならずに繰り返し、仕事や生活に影響している方に、是非当薬局の頭痛の漢方薬を服用してみて欲しいです。)

 漢方は、体質改善をしてさまざまな原因不明や治らない病気を改善しています。昨日は都合によりブログを書きませんでしたが、とても喜んでいる女性患者さんがいます。皮膚や鼻の病気で昨年9月から当薬局の漢方薬を服用している40代女性は、鼻の症状はまだ改善されていませんが、本人の話によると昔からのお尻の湿疹の赤味が最近自然に取れて、白い普通の皮膚に改善されたと喜んでいます。皮膚の赤味の症状を見ていないので分かりませんが、本人の話によると「猿のお尻のように真っ赤だった」と言われました。そうすると、本当に嬉しいでしょう!

 友人の医者が、私より背の高い若い女性を連れて挨拶にみえました。すぐ分かりましたが、先週、福島医科大学で会った中国人留学生の娘さんで、6年前の入学の時にお祝いをしたので、無事に医学部を卒業し医師免許も合格したと報告にみえました。これから関西の病院に勤務するそうで、やはり地元には残らないようです・・・。

【写真】
サンシュユ
サンシュユ1.jpg

牡丹
牡丹1.jpg

雪柳
雪柳.jpg

posted by 懐仁堂 at 17:43| 頭痛と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

酷い頭痛の高校生は漢方で著しく改善

 今日も2食抜きの予定です。何故かというと、昨日の昼に1,130円の山形のランチバイキングを食べて、夜に友人の温泉旅館に用事がありキュウリ2本を食べて7時〜8時ころに行こうかなと思ったら「6時に来て下さい。」と言われ、6時に行ったらなんと一気に会食室に案内されました。2週間前にご馳走になったばかりなのに、前回の懐石料理よりランクが上の料理を準備してくれました。もちろん、遠慮なく全部食べました。
 
 その後、温泉に入って体重をチェックしたら、ヤバい!68キロになっています。1キロ以上の料理を食べたせいもありますが、痩せなければなりません・・・。今日は2食抜かなければ・・・。でも実は、朝に柿を1個食べて漢方薬を沢山飲みました。夜もキュウリ1本だけにしようかな。厳密に言うと、これは完全な2食抜きとは言えないかなと思います。
 私だけではなく、昼休みにスタッフの一人が私と同じく3キロ増と自己申告しました。私と同じく2食抜いた方が良いと進言したら、拒否されました。理由は、もう2キロ戻ったからだそうです。早過ぎかなと不思議に思います。是非メタボの方に、この秘密の方法を公開して欲しいです。

 今日もメタボの男女が多い。80キロの女性も居ますし、90キロの男性も居ます。当薬局の漢方薬を服用して婦人科の病気がよくなり、元気な子供が産まれた30代女性は、2年間薬を服用してもよくならないご主人の逆流性食道炎と昔からの脂肪肝・メタボのために、ご主人に漢方薬を服用させたいとのこと。もちろん、昨日と同じく「1日2食か最低1食を抜いて下さい。また、夕飯はできるだけ作らない、出さない。肉は絶対に出さないように。」と進言しました。「もしご主人が話を聞かない時は、薬局に連れて来て。私が直接“説教”します!」と言いました。この男性の家族内に癌の方も多いので、自分のためだけではなく子供とご家族のためにも努力して欲しいです。


 以前ブログにも何回か書きましたが、全ての頭痛に効く漢方煎じ薬(1615年中国の明の時代の漢方古典「寿世保元」)があります。今までこの漢方煎じ薬を服用して、効かない・効果がない方は一人も居ません。100%の効果です!ちょうど400年前の処方にビックリ!効かない理由はありません。

 タイトルの通り、酷い頭痛の高校生も3週間この頭痛の漢方薬を服用したら、やはり著しい効果がありました。お母さんの話によると、中学校2年生の時から頭痛があり、頭痛の時は吐き気、食欲が無い、朝は起きられないので1日学校にも行けなかったそうです。特に高校3年生になった今年から酷くなり、週に1回は酷い頭痛が起こります。
 11月7日から漢方薬を服用し、今日まで約3週間ですが1度も頭痛は起こらなかったそうです。当然、吐き気もなく朝も起きられるので毎日元気に学校へ行っています。最初は本人から「漢方薬が臭い!苦い!」と言われましたが、頭痛がよくなり「苦くても受験が終わるまで頑張って毎日飲む。」と言ったそうです。また、お母さんから風邪を引きやすく先月引いた風邪の咳がずっと残っていると相談があり、頭痛の他に風邪予防と咳がよくなる漢方薬をプラスして調合しました。

 こんなに頭痛に効くので、沢山の片頭痛や緊張性頭痛や頑固な頭痛などで悩んでいる方に、是非この頭痛の漢方薬を服用して欲しいです。


 今朝は朝食を抜いたところ、体が軽い!重いカバンを持ちましたがいつもより軽くて、飛んで来た感じがするほどです。
 今晩も完全に夕食を抜くつもりですが、昼休みに東北大学農学部のキャンパスに「侯りんご」の最後の収穫に行きました。もうほとんど落ちたか鳥が食べたか、写真1の通りわずかしか収穫できませんでした・・・。今晩は止むを得ず、このりんごだけを食べる予定です。100%の夕食抜きではないので、あまり説得力がないかなと申し訳なく思います・・・。

【写真1】
最後の姫りんご.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:54| 頭痛と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする