2017年08月04日

肺の難病の症状が著しく改善

 私と関係ありませんが、気仙沼出身の小野寺○議員が大臣になったことで、今日気仙沼の同じ名字の患者さんからの電話相談の時、まず「おめでとう!」と言ったら、やはり大変嬉しいそうです。

 今日はとても忙しく、薬局から一歩も外へ出ませんでした。印象深いことは、肺の難病の患者さんが多いこと。
 息苦しくて咳もあり肺に水も溜まった間質性肺炎の70代男性は、以前当薬局の漢方薬を服用してなかなか治らない症状が改善された奥さんの勧めで先月から漢方薬を服用しています。まだ効果は出ていませんが、同じ間質性肺炎と診断されて6種類の薬を服用している91歳男性は、4月28日から漢方薬を服用開始し、やはり著しい効果が現れています。本人と奥さんの話によると、漢方薬を服用前の3年前から昼夜共に咳がひどく、階段で息切れして息苦しいため病院から「酸素吸入」と言われましたが、今昼の咳はほとんど無くなり、庭仕事もできるようになりました。夜に咳の日も半分以上減っています。まだ漢方を服用していることは病院の主治医に話していませんが、来月話す予定です。 
 漢方薬を服用前はどんどん悪化していたのに、91歳の方として今は呼吸が楽になり、日中に色んなことができることをとても喜んでいます。

 ところで、朝早く近くの山に行くと、写真の通りなんと今年最後かも知れない枇杷を発見!早速収穫しました。スタッフ達に1個ずつ試食であげようと思ったら、昼少し前に時々私と仲良くしている女の子を連れてくる患者さんが来局。一番大きい枇杷を3個選んでお母さんに「朝、山で採った枇杷なので、娘さんにあげて下さい。」と言うと、「実は、先日来た時に先生に会えなくて寂しがっていた。」と言われ、私も寂しい気持ちを伝えるため、女の子宛に手紙を書きました。手紙の内容は非公開にします。

【写真】
IMG_6996.jpg
posted by 懐仁堂 at 18:31| 肺の難病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

湯沢美人と会い、イナゴを食べる

 只今、お腹が苦しい!!原因は、昨日に続き桃も沢山食べて桃中毒になった他に、昼にスタッフ3人の合同誕生日祝いのために「十二か月弁当」を食べ過ぎかなあ。十二か月は大変数字が良く円満ですが、弁当の量から見ると6ヶ月の方がちょうど良いかな・・・。
 
 今日は、以前当薬局の漢方薬を服用したことがある方やそのご家族が、今大変な病気になってまた来局された方が多かったです。例えば一人の30代の女性は、5〜6年前にお父さんがガンで当薬局の漢方薬を服用して大変元気になって仕事もできるようになりました。この女性は5年前から毎年秋になると2週間くらい回転性のめまいが起き、夜眠れなくて吐き気もあり大変でした。今年は例年より早く8月にめまいが起きて、なかなか良くならなくてお母さんの勧めで当薬局に来ました。

 また、肺ガン手術できないと言われ余命も言われた80代の男性の娘さんは、お嫁さんの親戚の親戚の親戚から当薬局の漢方を服用して良くなったと勧められて遠くから来局しました。この80代の男性は数年前から肺気腫があり、酸素吸入もして、今は咳・息切れがあり苦しんでいます。娘さんから涙ながらに1年後一人のお孫さんが結婚予定で、2年後には娘さんの息子さんも結婚予定なので、なんとか元気で1年後のお孫さんの結婚式に参加出来ればと言われました。肺機能を高めると同時に咳を止め、癌の進行も抑制する漢方薬があり、お父さんとまったく同じ肺気腫もあり肺ガンもあり酸素吸入して5年以上お元気の男性患者さんの例もあるので、一生懸命漢方を服用すれば可能性は十分ありますと話したら、娘さんは笑顔で帰りました。
 この患者さんとご家族に勇気づけるために、同じ病気の患者さんの例を書きます。平成21年12月に当時73歳の男性は、息苦しい・息切れ・肺気腫で漢方薬を服用開始して、だんだん息切れの症状は改善されて、漢方薬を中止しました。約1年半後の平成23年3月に肺ガンリンパ転移・手術できないと言われて余命も1年半と言われまた来局しました。高血圧もあり、糖尿病もあり、抗がん剤治療を受けましたが、副作用が強くて息苦しい・咳・痰などの症状もあり、漢方薬を服用再開し抗がん剤治療を中止しました。以来、普通の生活を送っていますが、今日奥さんから電話があり特に心配していることはないそうです。余命1年半と言われましたが、5年半以上まで延びてお元気です。

 明日は、秋田の横手に出張に行きます。楽しみにしています。景色も見られますし、湯沢に寄って湯沢美人と会えますし、横手のイナゴも食べられますし、小安峡の景色も見られますし、時間があれば小安峡温泉・湯沢温泉・泥湯温泉などなどたくさん入浴できます。日帰りなので、いっぱい時間を取るために、朝5時に出発しようと考えています。いずれにしても楽しみにしています。
posted by 懐仁堂 at 17:55| 肺の難病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

今日もストしたい!

 今日は昨日よりさらに心身共に疲れています。新患の患者さんが多くて話すことも多いし、年度末が近くなっていろんなことを清算しなくてはなりません。夕方、関係者たちが相次いで来局しました。

 喜んでいる患者さんもたくさんいます。平成19年から肺の腫瘍の手術をした後、ガンの再発・転移予防で漢方薬を服用している当時50代の男性は、ずっと漢方薬を服用して1月7日のCT検査でガンの再発転移はなく、胸の局部にわずかに異常があるとの診断でした。なぜこの男性が一生懸命ガンの予防の漢方薬を飲むかと言うと、家族全員(ご両親・兄弟)がガンだからです。

 驚くほどよくなって喜んでいる方もいます。5年前に肺の難病と診断され、咳・痰・風邪を引きやすいだけではなく、今年1月5日のCT検査で肺の空洞が大きくなって、息切れ・息苦しい・咳・痰が悪化して、1月9日から漢方薬を服用しています。今日ご本人の話によると漢方薬を服用して数日後から呼吸が楽になって、効果を実感したそうでこの冬は風邪も引かず咳・痰も軽くなっています。
posted by 懐仁堂 at 17:52| 肺の難病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする