2017年10月18日

ゾウの様な足から美人の足へと良くなった!

 今日の福島は寒くて新患は少なかったですが良くなった患者さんは沢山いました。
 新患の50代女性はお父さんが半年間の漢方服用で間質性肺炎の症状が大変改善され、また9年前には息子さんが糖尿病で当薬局の漢方薬を服用したことがありました。本人は6月から血尿で腎臓結石と診断され、時々痛かったので今日病院に行くと来年1月末に手術の予定となりましたが、痛みに我慢できなくて病院の帰りに直行で当薬局に来ました。

 良くなった患者さんが多くて大変嬉しいです。
 例えば7月から漢方薬を服用している咳・痰が酷くて頭痛、耳鳴り、便秘、生理不順の30代女性は今、全ての症状が改善しています。
 また、9年前に脳の手術をした後、また再手術をした40代男性はずっと漢方薬を服用していて、先月末の脳MRI検査で転移・再発が未だありません。
 また、9月から頭痛、生理不順、不眠の20代女性は一ヶ月間の漢方服用で、やはり効果を感じています。例えば頭痛が軽くなり寝付きが良くなりました。
 その中で一番嬉しい患者さんの事はタイトルの全身湿疹で痒くて浮腫みのある50代女性の事です。全身ひどい皮膚病で皮膚科の薬を服用していましたが、どんどん悪化していたところ、知人の紹介を得て今年2月末から当薬局の漢方薬を服用し、約8カ月間で今では皮膚の痒みや湿疹が良くなっただけではなく、昨年12月からの顔や足、腕のむくみも改善されました。証拠は写真の通りです。本当にパンパンに腫れた足からキレイな足になり、私も嬉しい限りです。
 実は写真を撮っていませんが、最初は手も紫色で腫れてパンパンでした。
漢方服用前
1.jpg

現在
2.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

自力で!手足で!早池峰へ登頂!

 寒い、眠い。。冬眠したいですが、できないです。。。忙しい。。。

 今日の福島店は新患が多かったです。
 遠い栃木県から一気に二人が来局しました。大きい病気ではないですが生理不順の20代女性と糖尿病の合併症の60代男性、一年前からお酒を飲んだ後に記憶を無くす30代男性、3年前から口や舌が全体的に痛く〇〇大学病院で「治療法がない」と言われて様々な漢方薬を服用しても効果が無い70代女性、逆流性食道炎の30代の女性などなど。

 良くなった患者さんも沢山います。
 数十年前から頭痛の40代男性は一ヶ月の漢方で「7割が改善した」とお母さんから言われ、今は仕事が忙しく緊張やストレスが多いので、たまに頭痛がおきる程度です。
 また、8月9日から漢方薬服用開始の20代の時、統合失調症と診断され9カ所の病院と多い時20以上の精神薬、安定剤だけで10種類、今は15種類の薬を服用していた30代女性はイライラ、不眠、肥満、妄想、幻聴、頭がボーっとする症状でしたが、先月からあまり薬を処方しない心療内科を紹介すると、そちらで15種類から5種類にまで薬が減り、今は様々な症状が改善し、一人で来局もできるようになり10月からイライラ・ボーっとする症状がスッキリした感じで身体も軽く感じ、妄想や幻聴もなくなりました。本当に嬉しいです。

 昨日は岩手の石山である早池峰を登山しました!
 朝10時半から岩手の友人ご夫婦の案内で往復4時間半の5.4キロを自力で手足を使って頂上まで登りました。写真の通り、下は紅葉でしたが頂上はあちこち雪が積もって少し風が強かったですが、まあまあ良い天気でした。
IMG_7943.jpg

IMG_7932.jpg

IMG_7937.jpg

IMG_7947.jpg

IMG_7958.jpg

IMG_7964.jpg

IMG_7968.jpg

 今まで自分は石山(石)が好きだと思っていましたが、早池峰の登山道の大きい石や小さい石の“石ばかり”には驚きました。時々、手を使って登ったり大きい岩にはハシゴがかかっていました(中国の名山の黄山を思い出しました)。当然、黄山の方が更に登りにくいです。
IMG_7974.jpg

IMG_7977.jpg

IMG_7979.jpg

IMG_7980.jpg

IMG_7981.jpg

IMG_7982.jpg

 感想として。
 @もう一度か二度は登りたいです。春か夏かな(岩手の友人は年に10回は登っているそうです)。
 A便秘、残便、一日に2、3回排便の方は登山前に前日の夜、大腸検査の様に下剤、利尿剤を飲んで全て排便・排尿を済ませたほうがよいです。なぜなら、山にトイレは無く頂上に携帯用トイレ(1個400円)がありましたが、多分寒くて疲れて緊張して排便難・排尿難になるでしょう。昨日、一番大変だったのが、このトイレの事です。上半身は大丈夫、足も大丈夫なのに真ん中がドンドン重く感じました。急いで下山もできないし。。。産まれて初めてこんなに5時間近く排尿していないし、特に昨日の朝は仙台出発前は時間があまりなくて半分しか排便できず、残便のままで登山しました。本当に失敗しました(スイマセン、汚い話がながくて)。でも本当の経験談です。
 B頂上近くになったら写真を撮ろうとしたらスマホの電源が切れ、その時、いっぱい写真を撮ったので電源を使い切れたと思いました。しかし私だけではなく友人の奥さんも電源が切れました。従って頂上での記念写真はありません。とても残念です。なので下山して、充電できるところで充電したら、まだ60%あり、なぜかな、、、大変不思議です。
 C下山後、疲れも特に感じないし、腰膝の痛みもないし、身体はすごく軽い感じです。今日の朝、太ももを押すと少し痛い位です。自信が確認されました、まだまだ若い!まだまだ山を登れます!

 昨夜、登山の感想の漢詩を作りました、下記の通りです。これから山の水墨画を描きたいです。
IMG_7985.jpg
久聞早池今日登、
山下葉紅雪冠頂。
誰搬巨石林立此?
莫非神鳥有天工。
posted by 懐仁堂 at 17:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

大腸癌肝臓転移の患者さんは、実は2〜3年前から検診で異常

 今日も天気が悪くて寒い・・・。したがって、癌の患者さんが多いです。(間違いなく関係ないです。)

 胆管癌肝臓転移で手術出来ない50代の女性(妹さんやお父さんの兄弟は40〜50代で癌で亡くなっています。こんなに若くて癌になったのはやはり遺伝性が高いと考えられます。同じ兄弟親子でも70代〜80代で癌になった場合は遺伝ではなく老化に従って癌になったと思います)や、大腸癌肝臓肺転移で手術できず抗がん剤治療を受けている60代の男性(検査結果を見たら、2年前に肝機能異常で血糖値も高かったですが病院から一切説明はありませんでした。その時お母さんが大腸癌で兄弟に白血病や前立腺癌の方がいることを考えて精密検査をしていれば早く診断されたかもしれません。大変残念です)、胃癌手術後肝臓転移で肝臓手術後肝臓癌再発の60代の男性、乳癌手術後リンパ転移の60代の女性(息子さんと娘さんが当薬局の漢方薬を服用しているのでお母さんに強く漢方薬を勧めました)など。

 よくなった患者さんもたくさんいます。7年ぶりに当薬局の漢方薬を服用しているアトピー性皮膚炎の高校生は、8月からまた当薬局の漢方薬を服用して湿疹・かゆみは著しく改善され学校にも通学できるようになりました。また、今年11月に結婚する予定の20代の女性は、皮膚科や鍼灸やほかの薬局の漢方薬を服用しても良くならず4月から当薬局の漢方薬を服用して、顔・首・腕の湿疹と赤みが大変良くなって、間違いなくキレイな皮膚で11月の結婚式が迎えられると思います。

 今日大変感想が深いことは(良い感想ではないです)、やはり健診の結果についての説明や対策が大事ということです。一人の40代の男性は、大きい病気ではありませんが数年前から中性脂肪・コレステロールが高い・肝機能異常・肝臓の腫瘍マーカーも高い・脂肪肝と診断され、大丈夫と言われて経過観察だけでしたが、当薬局の漢方薬を服用している奥さんの勧めで昨年4月から漢方薬を服用して、今日の最新の9月17日の健康診断で肝機能は正常値になって、中性脂肪・コレステロールも正常値になっています。さらに嬉しいことは、肝臓の腫瘍マーカーのAFP(正常値0〜10ng/mg)は昨年の14.7から12.3まで改善され来年は正常値になると思います。このような検査結果に合わせて体質改善の漢方薬を服用すれば、実はたくさんの糖尿病や腎臓病、肝臓病、癌などを予防することができます。ちなみに、この男性は家系の中に癌の方が7人います。

 個人的に今日嬉しいことは、先日お母さんとわざわざ休みを取って私と会うために来局した幼稚園の年長の女の子は、今日お母さんといっしょにまた来局。背も高くなりさらに可愛くなってさらに私と仲良くなり、思いがけず薬局から帰る前に突然手を出して私とタッチしました!大変嬉しくて事前に用意していた写真の通り家で見つけたパンダのハガキ集をプレゼントしました。お母さんの話によるとパンダが好きだそうで、ここでみなさんもパンダの写真を鑑賞して下さい。本物が見たかったら中国は遠いので上野動物園にぜひ香香を見に行ってください。写真1の通りパンダの中国名は「大熊猫」です。

【写真1〜3】パンダのハガキ集
パンダ@.jpg

パンダA.jpg

パンダB.jpg
posted by 懐仁堂 at 17:45| 癌と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする