2017年06月20日

首の痛みは変わらない

 明日は仙台市内の市民センターの老壮大学の講座があり、その後福島に仕事に行きます。また、土曜日は当薬局の漢方勉強会もありスライドを結構準備しなくてはならないので今日のブログは短くします。

 ところで、スタッフから首はどうなっているかと聞かれて、昨日のブログに書いた通り5割良くなったままで悪化もしていませんが良くもなっていません。やはり、家具の組み立てで左腕を一生懸命使ったので首の左側が一番痛いです。本当に後悔しています。これから絶対このような組み立ての家具は買わないことにします!(しかも今回の家具は高さ2.3m、重さはトン単位みたい!かな?)また、絶対に自分では言いませんが使用者も後悔しているはずです。なぜなら、扉の間も上も隙間があり、間違いなくホコリや虫は中に飛んで行くはずです。いずれにしても私の責任ではありません!
 ただいま新しい発見!左の首が痛いだけではなく、今右腕を上げたら上がらない程痛いです!!今までの整骨院での治療費とこれからの治療費プラス辛い痛みを考えると、本当に今回の安い家具は高くなりました・・・。スタッフの一人はどういう家具か見たいらしくて「どういう箪笥ですか?」と聞かれたので、答えるために次回写真を公開します。
posted by 懐仁堂 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

一ヶ月の漢方服用で声や咳・痰が8割改善!

 やはり、首の痛みは悪化しています。今日の昼休みは早目に食事をとり、30分間の整体治療を受けに行きました。マッサージの人に「先週金曜日に別の店で治療をしても効果が無い」と言いました。今日の方は結構年配で力もあり、治療の間に力が強すぎで背中が痛かったのですが、我慢しました。夕方には、また首の痛みが五割戻りましたが、金曜日の治療直後の効果0.1%に対して、今日の直後の効果は70%以上でした。やはり、今日の年配の方は金曜日の若い男性より腕が良いと感じます。

 今日はやはりガンの患者さんが多かったです。
 皆それぞれ二年間や半年間、あるいは二週間の期間、漢方薬を服用しています。たとえば平成27年10月から胃ガン、リンパ転移などでステージVで手術後に抗がん剤治療を受けながら漢方薬を服用している40代男性や(漢方薬を服用しながら仕事を続け、今年3月のCT検査では転移・再発もなく腫瘍マーカーも全て正常)、今年二月から漢方薬を服用している卵巣がん、リンパ、腸転移のステージVの40代女性(5月に検査で再発の疑いがあり、今月末から入院して再手術の予定)、6/12から漢方薬を服用している末期大腸がん、肝臓、脾臓転移で手術が出来ない抗がん剤治療を受けている60代男性などなど。
 皆、間違いなく漢方薬の併用で抗がん剤治療の効果を高めたり副作用軽減などの効果が出ています。

 著しく良くなった患者さんもいます。
 今年の春に風邪の後、咳や痰、息切れ、動悸、息苦しい、眩暈、とくに声が出ずほとんど話が出来なかった60代女性は、病院を転々としたり色々なサプリを利用しても効果なく5/16に当薬局の肺を強くする漢方煎じ薬を服用開始。今日は本人が喜んで来局し「声と咳や痰が8割以上、良くなっている」と言いました。私の首の治療の7割良くなった後、夕方には5割戻ったように、病状が戻らない為にもう一ヶ月の漢方薬を引き続き服用するよう勧めて、また続けるようにしました。
posted by 懐仁堂 at 17:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

若い多ヶ所癌転移の患者さんが元気になりました

 昨日、仕事後に30分3500円整体コースを受けましたが、首と腕の痛みは相変わらずで効果は0.001%でしたが、朝の髪切の効果著しく、10歳と言う人もいますし5〜6歳という人もいますが若くなったと言われます。今回は店長さんの手作り髪形ではなく、女性店員にやらされて前回より効果が少し低いです。やはり、女性より男性同士の店長さんは我々の悩みを分かっていると言われます(年をとりたくないという悩みです)。前回からの髪のスタイルはもう定着しているので、朝髪を洗った後両手で餃子の皮を作るときに小麦粉を混ぜるように10回ぐちゃぐちゃ混ぜれば出来上がりかなと思います(ただいま、子供の時いつもぐちゃぐちゃになっている髪を「髪はカラスの巣みたいだから、キレイにセットしなさい」と言われたことを思い出しました)。

 今日は新患の患者さんのことを省略して、よくなった患者さんのことだけを書きます。高血圧・糖尿病・肥満・認知症・前立腺肥大・脳梗塞・頻尿(夜だけ6回)の80代の男性は、病院の薬を12種類服用して腎機能がどんどん悪化して、例えば昨年11月18日の検査でクレアチニンは1.50、12月8日は2.13、1月20日の検査で2.75の80代の男性は、友人の紹介で今年1月21日から漢方薬を服用して体重は6kg減り、夜のトイレも3回まで減りました。特にクレアチニンは毎月の検査で改善されています。例えば、3月の検査でクレアチニンは2.06、4月22日には1.42、最新の5月18日の検査では1.33まで改善されています。

 昨日のブログに少し書いた癌手術後リンパや骨に転移の20代の女性は病院の治療は効果が無く心配していますが、同じ癌の当時19歳の女性は抗がん剤治療を受けていましたが脳・肝臓・脚・肺に転移があり、平成27年4月から漢方薬を服用して大変元気になって、今日漢方薬を取りに来たお母さんの話によると、元気で日常生活が送れるだけではなく旅行や友達と会ったり外食をしたりするほどになっています。もちろん、癌の進行やさらなる転移はありません。昨日から漢方薬を服用している20代の女性にぜひ今日のブログを見て欲しいと思います。あきらめないで下さい。心を強くして希望を持ってください。漢方で必ず奇跡が起きることを信じて下さい。

 ところで、明日は父の日。京都新聞の「お父さんの疲労事情と解消法調査」の結果によると、約2000人を対象にした調査で日ごろ疲れを感じている人は約9割(とても疲れているは19.2%、疲れている30.3%、やや疲れている38.3%)で、特に働き盛りの30〜40代の疲労度は高く肉体的にも精神的にも疲れている人が6割を超えています。そんなお父さんたちの疲労解消法でもっとも多いのはお酒を飲む42.1%、睡眠40.8%、テレビや映画を見る34.6%でした。ちなみに私は時々ブログで疲れた・・・疲れた・・・とブツブツ言っていますが、実は疲れは一瞬です!お酒を飲まなくても解消できます。解消法は寝ることと朝早くドライブをすることです。
posted by 懐仁堂 at 18:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする